ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

<   2005年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

丸投げ

 「丸投げ」


 ちょっと前からこの言葉がテレビとかで、よく出てきていて気になっていた。

悪いのか
 丸投げすることが良くないことのようにテレビで言っていたが、丸投げしないで独自に専門的知識のない人が行うことにどれくらいのメリットがあるのか分からなかった。丸投げとアウトソーシングの違いということになると思うのだが、同じなのかどうかがわからない。感覚的には丸投げの方が意味の範疇が大きいように思う。

アウトソーシング
 スピードやお客様の要求に応えるための多品種少量生産をサポートするためには、必要不可欠な技法だと思う。全てを自社で行うことはベストであると思うが、それをするには時間やコストが足りないので、技術のある他社と契約して自社の強みと他社の強みを併せて顧客に提供することができるようになる。

違い
 丸投げとアウトソーシングの違いを考えると、アウトソーシングは自社で全てを行うわけではないので、細々としたコミュニケーションが必要となる。社内ではなあなあでも、どうにかなることは多いが、他社となるとお金が関わり始めるために、各社の思惑が交差する。お金がふんだんにある時には問題ないが、余裕がなくなると問題が発生し始める。

性善説
 お金や時間の余裕がなくなり始めると、ちょっとずつ見えないところから手を抜き始める。これを防止するには、契約や検査を厳密にする必要があるが、日本にはそういった文化をもっていない。性善説によって、スピードなどが危うい関係で成り立っているように思う。


 丸投げの一番の問題点は責任の所在にあるように思う。投げた方に責任があるのか、投げられた方に責任があるのかという問題だ。僕は、投げた方に問題があるように思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-12-10 20:47 | 挑戦

後ろに目があるような人

 「後ろに目があるような人」


 斜め後ろに座っている人は、後ろを通ろうとしたり通行に邪魔になりそうなものを置いていたりするとさっと避けてくれたりする。良くあるように思うが、振り向かなかったり視線を向けないでやってのける。

目で見えるもの
 視神経のほとんどがモノクロだけを感じることができるものだそうで、目線の3%程度がカラーを感じることができるそうだ。それなのに何故全てがカラーに見えるのかというと、それは記憶からの推測で脳が補正しているからだ。そう、カラーの世界は脳が作り出している仮想空間だということだ。

視野
 見えるもののほとんどが記憶からの推測であるならば、視野は記憶力によって決まるものだと考えられるのではないだろうか。音についての記憶も多数あれば、つまりはどの音がどんな映像を作り出すのか知っていれば、目で見えていなくても、脳の中では見えているのではないかと思う。

同時にいくつか
 確認のため後ろを振り返るのが普通なのに、振り返らないのは恥ずかしいからか、面倒だからなのだろう。また、周りを気にして気を遣いながら、別の仕事ができるということでもあるだろう。そういう人はたいてい同時に違うことを考えることができる人が多いと思う。


 振り向かなくてもわかるのかもしれないが、人として振り向いた方がいいような気がする。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-12-02 23:54 | 人について



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism