ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

転ばなかった子供

 「転ばなかった子供」


 いつの頃からか転んでも泣かなくなった。いつの頃からか転ぶと痛いというより、恥ずかしいと思うようになった。

痛いから泣く
 転ぶと神経を通り強烈な電流が伝わる。その強烈な電流は、脳に体の痛みとして刺激を行う。痛みに慣れていないと、脳はストレスをためそれを解消するために涙が流れ、大きな声をあげる。それが泣くという行為ではないだろうか。パブロフ犬と同様に、電気刺激で体にコントロールされているのが、動物の性なのかもしれない。

痛みを知らないで育つ子供
 電気刺激により体から痛みによるコントロールがなされなかった子供はどのような大人になるのだろうか。知識としての痛みを知っているのかもしれないが、体験としては知らないということになる。だとすれば、痛みは強烈だという知識があり、その未体験の痛みというものに恐怖するのではないだろうか。それを避けるために、過敏になり異常な程の回避行動をとるように思う。

現代人
 ヒッキーやオタク等のように内向きな傷つかない世界に逃避するのか、自分を傷つける人を攻撃するいわゆるすぐキレる人のようになるのではないだろうか。それは恐怖からの防御か攻撃かということ。痛みをあじわいそれを乗り越えれば、なんの恐怖も存在していないことに気がつくことが出来るはずなのに、それを避けることができるがために、恐怖が恐怖を呼ぶのだろう。

舐めておけば直る
 傷は異物を水で流し、ばい菌が付着しないようにしておくと一番治りが早いらしい。消毒をするとばい菌はもちろん除外するが、傷を治す細胞の活動まで妨害してしまうのだそうだ。消毒などは、余計なお世話で治療の妨げになっているということだ。普通にしていることが、一番だと言うことの一例だと思う。


 今の世の中は情報が氾濫していると言われているが、本当に知らなければいけないことは昔の迷信のように扱われ共有されていないように思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-30 01:10 | 考えたこと

依頼心の強い人

 「依頼心の強い人」


 恩を作れば、人よりも多く恩を回収したがる人。恩着せがましい人とも言える。

価値観
 人によってものの価値観が異なることは自明の事実だと思う。同じ日本人であれば、常識という名の共通した概念により、ある程度の価値観は共有しているように思う。一般的に社会に出ればかなり常識を知ることができ、一般的な価値観を学ぶことができるだろう。一般的な価値観を知らない人は、他人と自分に価値観の違いがあることを知らない。

自分に甘い
 自分自身が行動する時は、どれくらい面倒なのかを自分がやっているので身をもって知ることができる。しかし、他人にやってもらうとその面倒はあっという間になくなってしまう。この面倒を知らない人は、どれくらいの面倒があるのか分からなく、軽視してしまう可能性が高い。知っていたとしても、他人にやらせることに慣れ、忘れてしまう人もいる。自分の苦労は大変だと思うのだ。

素直に話さない
 謙虚な心を持たないのに、素直に自分の苦労やその感謝の気持ちを話さないのは、価値観の共有ができなくなり、恩着せがましい行動になってしまうのではないだろうか。そして、恩着せがましい思いが蓄積されキレるという行為につながるのではないだろうか。自分が要求していることを表立って説明したくないようだ。

認められたい
 自分の行為を過大評価してしまった場合、ある程度その評価を正当に評価して欲しくなるのではないだろうか。評価して欲しいがために、金銭を要求したり、謝罪を要求したりするのではないだろうか。本当は、心のこもった行為があればなんだって、満足するのかもしれない。逆に言えば、要求が多いと言うことにもなる。


 気を遣ってあげると喜んでくれる。使ってあげないとだだをこねるのがこのタイプの人だと思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-16 02:42 | 人について

優柔不断な人

 「優柔不断な人」


 複数の選択肢がある時に、それらを選ぶことに時間がかかる人のこと。大学時代の僕は迷うことを罪だと思っていた。

待ち時間
 ものごとを進められない時間のことをいう。進めたいのに何もできないという状態は、ストレスがたまってしまうことが多いだろう。それが自分に影響することが大きければ大きいほどストレスは強くなってしまう。最悪の事態は進めることができずに企画自体が没になってしまったり、予定外の出費につながってしまい多大な迷惑になってしまうことだ。

決めることを嫌う
 優柔不断な人は、決めることを嫌っているのではないだろうか。心の中ではすでに決定を下しているが、下した決定は、その人にとって問題のある状態で、困難がつきまとうことになる場合、ずるずると言えないでいるのではないだろうか。責任が自分につくことを嫌っているのではないか。他人から後押しされることを願い、自分だけで決めたと考えなくて済むようにしたいのではないだろうか。

群れる
 優柔不断な人は自分で決めることができないことが多い。他人に後押しをしてもらうことで、どうにか決めているのだろう。この時に後押ししてくれた人あるいは人達は、後押しした手前味方になる。感情的になって味方になった人は、優柔不断な人の問題点を見つけ出そうとはせずに、自分が後押しした意見を強引に推し進めることになる。こうして理不尽な群れができあがるのではないだろうか。


 僕も優柔不断なところは存在していることもあり、優柔不断になってしまうことを攻めたりはしないが、他の人の迷惑につながることを自覚して欲しい。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-12 14:57 | 人について

いたずらに嫌う

 「いたずらに嫌う」


 どこにいても嫌な人はいる。それをいたずらに嫌うのはどうかと思う。嫌いに思っている人は、相手も自分のことを嫌っていることが多い。

嫌いな人
 嫌う理由は、自分の言われては困るようなことを言う人や、自分の言うことを全く聞いてくれない人が多いように思う。言い方を変えれば、自分に害が出てくる可能性が高い人を嫌うように思う。えてしてそういうことを言える人間は、自分とどこかしら同じところを共有しているか、自分と親しい人に共有しているからだと思う。

嫌う行為
 自分の害を与える可能性がある人を、その人の周りから逃げ出したり、攻撃をして自分の周りから遠ざけたりする行為を、嫌うと言うのだと思う。それは弱い自分を守るために必要な行為だとも言えるかもしれない。そのため大人になり力を手に入れれば入れるほど、嫌うという行為を簡単に成すことができる。自分が言われては困ることは、自分の弱いところで自分が認めたくないところではないだろうか。だから、年を取ると弱くなるように思う。

いたずらに嫌う
 仕事でも一緒に生活するにおいても一緒に何かをする上で、ただいたずらに嫌うのは自分を守ること以外の意味がない。足を引っ張り、嫌うとい意味だけしかなく何も生み出すことはしないのだ。とても自分勝手な行為のように思う。何かを成さねばいけないときには、自分を守ることしかできないのでは無理で、強くならなくてはいけない。


 賢人は自分を嫌う人ほど大事にするという。そこまでマゾにならなくても良いと思うが、理性を取り戻して行動して欲しい。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-04 22:59 | 考えたこと

すぐにキレる人

 「すぐにキレる人」


 ちょっと前から近頃の若者はすぐにキレる人が多いと言うのをテレビでよく見かける。

昔のじいさん
 悪いことをしたら怒ってくれるおじさんが、近所によくいたという。今の言い方ではよく言われているが、子供の時の記憶では、その怒ってくれるおじさんは、すぐに怒る親父として非難されていたように思う。つまり、悪いことをしたら怒ってくれるおじさんは、すぐにキレる人ということだったのではないだろうか。すぐにちゃぶだいをひっくり返すお父さんもいたが、それもその証拠なのだと思う。

時代は繰り返す
 すぐキレる人達の世代の次にくるのは、我慢が大好きで堪え忍ぶことが得意な時代なのではないだろうか。武士の時代も、切り捨て御免な世界であると考えると昔も、すぐにキレる人がいたということのように思う。その時代からすでに繰り返されていたのだと思う。

すぐにキレない人
 最近の若者ではない人達は、ちょっと前の昔のすぐキレるおじさんたちに横暴を我慢をしてきたように、今後は最近の若者のすぐキレる人たちの横暴を我慢をしはじめるのではないだろうか。

我慢をあまりしない
 それは悪いことなのだろうか。悪事に対しても我慢してしまうと、それは泣き寝入りということになる。それは正しいことなのだろうか。悪事は放っておくと増長してしまう。我慢にもしていい我慢としてはいけない我慢が存在するように思う。バランスが重要なのだろう。今はまだ意識改革が始まったばかりで調整が足りてないと言うことのように思う。それで極端にすぐにキレてしまうのではにだろうか。

キレるわけ
 多くの人は理由を説明できずにものごとを行っていて、「いいから言うことを聞け」という感じでいるので、説明を求めても答えられない。間違いを指摘してたら、プライドが高くて間違いだということに気がついても認めようとしない。理由がわかららずに強制させられるという、こんな理不尽な環境にいれば、キレてしまうのは必然なのかもしれない。しかも、それが間違っていればより一層だ。


 すぐにキレられるのはやはり勘弁して欲しい。気にくわないのであれば、それを冷静に説明して欲しいものだ。それでも分からなければ、それでキレるのはしょうがないのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-01 23:45 | 人について



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism