ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

<   2004年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

押しボタン信号

 「押しボタン信号」

 僕が小学校の時の話だ。交通量の多い交差点で押しボタン信号があり、ドキドキしながらボタンを押した。その時に通りすがりのおばちゃんに言われた「ほら、いっぱい車止めてぇ、みんなに迷惑かかるから、ボタン押しちゃだめだよ」と言われてしまった。

 だったら何のための押しボタンだ?


ルールは無視してもいい時がある
 日本人は、ルールは時に無視しても問題がない時があると信じているところがあると思う。押しボタンを押さない方がいいと思うのであれば、使っている人に言うのではなく、警察の交通課ぐらいに撤廃した方が良いと言えば良いのだ。ただの歩道なら、まだ歩行者がいると思えば止まってくれるかもしれない。歩行者が押しボタン信号で渡ろうとしていても、車はあまり止まらないだろう。

ルールは改善していくもの
 お互いに守らなければいけないルールというものは、本来お互いを守るために存在している。自分たちの生活を守るのに必要だからルールを作るのだ。しかし、日本人の多くはルールが絶対だと信じている。ルールが悪いとルールのせいにしているのだ。だったらルールを変えれば済む話なのだ。

要領がいい
 日本人は融通が利かないと言われているように思うが実は、要領がいいのだと思う。決められたルールの中をそこそこ破りながら生活していくのだ。大人の言葉を使えば、拡大解釈というのかな?結果的に、ルールを守るためには、ルールを破ることを苦もなくやってしまう。いかに嘘臭い大義名分でも一応信じるのだ。


 ルールを設定しても結局はなんとなく守っていない。いろいろ受け入れるが、結局何も変わらない。それが日本人なのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-11 13:59 | 考えたこと

国民的健忘症

 「国民的健忘症」

 一昔前に言われた言葉。散々言われたせいか現在の日本は、そのようなことがないように思える。

高度成長期
 問題が発生しても、お互いそれなりにもうかっていたので、少しばかりの不正や問題等はどうでも良かった。それにみんな忙しかった。現在は、リストラとかあんまり仕事がないので暇な人が増えてきている、不正を犯している成功者を妬みはじめているのではないだろうか。

今はそんなことを言っている場合ではない
 早急に対処しなくてはいけない問題にぶちあたり対処する時に、過去の責任追及などは後回しにして、必要な議論を優先させる時に使う言葉。そして、問題解決した時には安堵感と疲労により、責任追及がなされなくなる。問題が発生した原因は忘れ去られてしまう。或いは、「もうそんなことはいいじゃないか、問題はなくなったのだから」の言葉で問題の原因は消えてしまう。

甘やかし
 お互いに都合の悪いことは水に流してしまう。自分が罪を犯してしまった時のため、或いは、自分が犯してしまっているために後ろめたく、他人を責めることができない。人のやった悪いことを忘れるのは自分の罪を忘れてもらうため。このルールは性善説がなりたってしまうためにできる。命に関わる問題や、お金に絡んだ問題が少ないために成り立ってしまう。忘れてしまえば、何も問題が残らないのだ。


 しばらく前の時代は、これでも問題があまりなく生活ができた。現代はそんなに儲かっていない時代。犯罪発生率も増え始め性善説が少しずつ崩れ始めているように思える。それでも忘れることができれば、この国は本当に平和な国と言えるのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-11 13:33 | 考えたこと

イラショナルビリーフ

 「イラショナルビリーフ」

 日本人にはイラショナル(irrational)のようだ。「日本文化のかくれた形(かた)」という本を読んでいたら書いてあったのでイラショナルという言葉について調べてみた。

 イラショナルビリーフとは、日本語だと「非合理的な思い込み」というらしい(参考:イラショナルビリーフ(非合理的な思い込み))。すぐに実現不可能な非合理的な願望を持っていて、それを実現しなければならないと信じている状態のようだ。

例えると
 「〇〇であるべきだ」「〇〇でなければならない」等の言葉を使う人が、イラショナルビリーフを持っている人が多いようだ。例えば、「すべての人に愛されるべきだ」というビリーフ(信念)を持っているとする。この信念を持って生きるのは悪くないと思う。しかしすぐに実現することはできず、ストレスをためることになるだろう。こう思っていることをイラショナルビリーフと呼ぶみたいだ。「多くの人に愛されるの越したことはない」という風にトーンダウンした考え方に変えると、少し心の負担が軽くなる。これをラショナル(合理的)と呼ぶらしい。

イラショナルな日本人
 日本人は、技術力が高いのでなんとなく、論理的のように思える。しかしよく考えてみればそんなことはない世界なのだ。営業の人は根性論で動いているし、経営陣の人は「がんばれ」としか言わない人が多い。昔で言えば、前も書いたが侍とか武士(参考:サムライ(武士かな)な人)もそうだ。イラショナルな日本人が多いのだろう。

今の日本を考える
 なんとなく完全理想主義からの脱却が合理化ということになるのだろうか。今までの日本人は、このイラショナルなビリーフ(信念)を貫くストレスとずっと戦い続けていた。人を鍛えるには、ある程度のストレスを自分に課す必要があり、それに耐えることで強い精神性を得ていたのだと思う。そして、現代になり中途半端に西洋の合理化が進み、精神の軟弱な者が子を育てる時代になった。そのため、弱くなった精神にイラショナルビリーフが負担になってしまい、異常な事件が横行するような時代になったのだろうと考えることができるように思う。


 時代は振幅する。次の時代はまたイラショナルに耐えうる日本人が増えるのではないだろうか。ラショナルになるとは思えない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-08 15:09

DVDのメディア

DVDドライブを買った(DVR-ABN16W)

 DVDドライブを買ったので、今日はうきうきでメディアを買いに行った。いざ買おうと思ったんだけど値段を見てなんとなく高い感じがした。とりあえず買ったのは、

DVD-Rの5枚パック4.7GBが1,020円 Maxell 1~8倍速対応 DVD-R
 1GBあたり 1,020 ÷ ( 4.7 × 5 ) = 43.4(円)ぐらい

CD-Rの10枚パック(一枚あたり700MB)が810円 三菱化学 CD-R
 1GBあたり 810 ÷ ( 0.7 × 10 ) = 115.7(円)ぐらい


 どちらも一度しか書き込むことができない割りになんとなく、高い気がする。今までCDやDVDを焼いたりしたことがあまりないので高いと感じてるのかなとも思った。それに、複数枚あるパックで買わないともっと高い。次に比較対象として、ハードディスクを考えてみることにした。

 この前買ったハードディスクは MAXTORの6Y160P0を1万円ぐらいで買った。今だとバルクで9千円ぐらいだと思う。IODATAとかのハードディスクは確かに高いが、MAXTORのハードディスクはHDDレコーダーとかにも入っているので、ブランド的にも悪くないと思う。
 1GBあたり 9,000 ÷ 160 = 56.3(円)ぐらい


 DVD-RCD-Rともに一度しか書き込めないし、それを考えてもやっぱハードディスク買った方がいいような気がする。書き換え可能メディアだと価格が2倍ぐらいするようだ。なんだかなぁ、って感じ。もしかして、普通の人は動画やDVDがハードディスクに入らないと思ってるのだろうか。



以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-07 21:38

DVDドライブを買った(DVR-ABN16W)

 「DVDドライブを買った(DVR-ABN16W)」




 IO-DATAのDVR-ABN16Wを購入した。11千円だったが、よくわからないが2千円引きになって購入できた。それプラス10%のポイントなので、そこそこ安く購入できたと思う。

購入
 CDとかDVDとか焼く系のものを購入したのは初めてだ。僕は、整理整頓が苦手なのでCDとかDVDとかが一杯になるのは避けてきた。しかし、最近貴重なデータを間違って消したりしていまい、流石にちょっと消しにくいものにバックアップを取る必要を感じてきたのでしょうがなく買った。

選んだ理由
 OEM先のNECのND-3500Aとかを買っても良かったんだけど、書き込みソフトを持っていなかったのでIODATAの製品を購入した。差額が3千円ぐらいだと思う。それが書き込みソフト代だと思ってる。後は、一応片面2層が焼けて欲しいなと思うぐらいの理由だ。

使った感じ
 掲示板を見ていたら動作音が煩いと書いてあったが、前使っていたDVDドライブ(4年前に買ったやつ)よりも静かな感じだ。一応CCCDが読み込めることを確認した。iTunesユーザーの僕としては、これはうれしいことだ。これでCCCDでも安心して購入することができる。特に、普通に使えるので満足している。


参考資料:
C堂 CCCD(コピーコントロールCD)特集


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-07 09:14 | パソコン

Webページのスクラップ

 「Webページのスクラップ」

 気になるWebページを見つけたときには、お気に入りに登録するとか、ディストップにショートカットを作成したりする。しかし、Webページの1ページに書かれている内容が膨大で濃い内容のものの場合に後でまとめる時等のために、メモやマーキングをしたくなることがある。

WeBox
 RSSリーダーにもなるみたいだけど、Webページのスクラップとマーキング、そして管理をすることができる。しかも選択範囲だけをスクラップするとかもできるみたい。結構便利に使えると思う。


窓の杜 - WeBoX
作者のページ Satoshi Nakamura's Web Page
WeBoX のコミュニティ WeBoX - Software


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-05 16:00 | パソコン

「大手PCメーカー3社が消える」レポート

 「「大手PCメーカー3社が消える」レポート」

 Gartner大手PCメーカー3社が、3年以内に消えると予測した。凄い大胆な予測だと思う。採算が合わなくなってきているのだろうか。敵が中国とかであるのであれば、もうマザーボードなんか向こうで作っているから、もうノウハウができてしまっているのだろうか。もっと低価格になるのであれば、特にブランドにこだわるわけではないのでそれでも良いと思う。

 IBMもPC関連の売却の話も出た。

 僕は、個人的にノートPCはIBMのThinkPadを愛用している。僕はトラックポイントがあることと、使い方が荒いので丈夫なThinkPadを選んでいる。ディスクトップPCが、中国製とかになるのはかまわないが、ノートPCは国産がいいなと思う(IBMのThinkPadの設計は、日本でやっているらしい)。細かな気配りとかは、日本人の十八番だから。


参考資料:
gartner.co.jp
ITmediaニュース:PC大手3社が「3年以内に消える」――Gartner予測
ITmediaニュース:「大手PCメーカー3社が消える」レポートに反論
ITmedia エンタープライズ:「IBMがPC事業売却」の報道


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-04 13:15 | ITについて

投稿フォームの改良

 「投稿フォームの改良」

 このExciteのBlogに投稿するフォームで、内容を記述するテキストフィールドが狭すぎる。僕の投稿する平均の行数よりかなり足りない。書いていて全体が見えないためスクロールさせないと上の方に書いたことが見れなくなる。いつも不便を感じてたが、そろそろ我慢にも限界にきた。

■解決するには
 直接HTMLを変更する必要がある。「ファイル」→「名前を付けて保存」で保存して、そのファイルを「メモ帳」で変更すればよいのだ。

<TD><TEXTAREA class=TXTFLD id=content onkeyup="storefd('content');" style="WIDTH: 480px; HEIGHT: 250px" onclick="storefd('content');" tabIndex=2 name=content rows=25 cols=50 onselect="storefd('content');"></TEXTAREA>

 TEXTAREAで検索すれば目的に行にすぐ行けるはず。HEIGHTが250になっているので狭い、この値を500ぐらいに変更すれば、僕の願いが適った。


■これを使うには
 とりあえずいつものようにIEでログインしておいて、開いたIEに編集したHTMLをドラッグしてください。直接HTMLを開いたり、ログインしないIEで動かしたりすると、投稿できないと思います。

 これで投稿できてしまうと他人のページへの投稿もできるようになってしまうのと同じなので、これはこれでしょうがないです。


■危険な点
 カテゴリがHTMLに組み込まれているので、更新されません。静的にHTMLに書かれていることは変更できないのです。再度HTMLを変更する必要があります。他にも、Exciteの都合で、投稿フォームが変更されてしまった場合には、どうなるかわかりませんので、実行するには自己責任でお願いします。


■他にも
 実はこんな風に編集できてしまうと結構なんでもできちゃうんです。Ping送信のところにいつもPingするやつを常にチェックさせておくようにするとか。やるにはINPUTメソッドの最後にCheckedを入れるだけ。


 色々できてしまうのですが。あくまでもやるときは、自己責任でお願いします。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-04 10:51 | パソコン

小説とマンガ

 「小説とマンガの表現能力」

 最近の人は小説を読まなくなり、大人になってもマンガばかり読んでいる人が多いという話をテレビや雑誌などで見かける。僕は、どっちがどっちと言うわけではないが、日産がいいのかトヨタがいいのかって議論と似ているのではないかと思う。最終的には、乗り手しだいなのだ。

想像力
 小説は文字だけで表現されているために、想像力が必要だといわれる。それに対して、マンガは、絵によって表現されてしまっているため、絵に描いてあること以上に想像すること難しく想像力を培うことはできにくいと言われてる。

文字だけの表現による自由度
 少しだけの挿絵があったりするが、小説はほぼ文字で構成されている。理由は絵にしたくないところがある。「かっこいい人」を文字だけで表現すると、絵を描かなければ読者の感じる「かっこいい人」に読み取れるからだ。マンガで「かっこいい人」を表現するのであれば、具体的な絵になってしまい、それを「かっこいい人」と感じる読者が限定されてしまう。読み手依存のところを多くすることにより、自由度をあげるという方法をとることができるのだ。 

絵による表現
 マンガは、絵だけではなく文字も使う複合手段による表現の一種(なんか専門用語がありそう…なんだろ?)。絵だけでは、絵でない気持ちなどは、文字にしなければ表現することができないためだ。これだけ考えてみると、小説よりはマンガの方が多機能なのだと思う。マンガは、文字を使ってはいけないということはないのだ。嫌になるほど、文字が多いマンガだってあるのだ。想像力を限定されるのが嫌だと作者が思ったときは、絵にしなければよいのだ。

 だから、単に絵が多いだけでマンガとされているとか、出版社がそう決めているだけなのだ。もっと言えば、別に小説に絵をいっぱい描いてもいいと思う。マンガが絵が主体であるように、小説で字が主体にして絵を増やせばいいのだ。技術的に構成が難しくなるかもしれないけどね。事実、文字主体の表現の中に顔文字というものが出てきている。これは、文章への絵の侵入だと思う。

人との話
 口頭で面と向かって話す時に、人が得られる情報の9割が表情からのものだと言われている。口でしゃべる言葉と、文字は密接に結びついている。この事からも、人を描く時の絵による表現の重要性が高いことがわかると思う。

文字での表現
 小説を読まなく、マンガばかり読むんでいては、言葉での説明が難しくなる。絵ばかりしか見ていないので、話す語彙が少ない可能性が高くなる。まぁ、学校できちんと勉強していれば大丈夫だと思うが、日常に文字が存在するのであれば、余計に使いやすい。小説を読めと進める人は、この辺を期待しているのかもしれない。


 マンガの方が機能的に表現能力が高いと思うが、そのために想像する力もあまり必要でなくなっているは間違いとはいえない。小説やマンガに、同じものを求めることが間違っているのかもしれない。両者のどちらも面白いものは面白い、それで良いのではないだろうか。必要になれば、小説も読むようになるだろう。


以上
 
[PR]
by ma2mura | 2004-12-03 08:03 | 考えたこと

真剣10代しゃべり場

 「真剣10代しゃべり場」

 NHKの番組の「真剣10代しゃべり場」というものを見てみた。参加しているのは10代がメインで、一人だけ大人が混じる設定になっている。見て今の10代は凄いなと思った。やらせだったらショックだな。。。

議論になっている
 他のテレビ局の討論番組を見ていると、どうも議論の質が低い気がしていた。多くの場合一人の人を馬鹿にしてそれを笑いにつなげている傾向が伺える。相手の主張を聞こうとするのではなく、単に自己主張の場でしかないよう気がしていた。その方が、番組的に面白いからなのかもしれない。その辺NHKは気にする必要がないので良いのかもしれない。

個人への中傷
 議論をしていて、議題と全く関係のない個人への中傷が多く見られる。中傷し笑いに変えるのだ。相手の議論を断ち切るには、一番簡単な非常に効率的なやり方で、相手の勢いをそぐことができる。そして、議論は低次元なものになってしまう。議論に参加している人や、議論を見ている人は、テーマがしっかりしていれば面白いと思う。議論ではなく、ただの問題提起の場なのではないでだろうか。

 自分が間違っているかなとか、周りから一斉に非難をあびると逆切れしたくなるのはわからないでもない。しかし、そこで怒ったりして誤魔化すのはかっこが悪いと思う。自分の負けを認めることに他ならない。周りの人も、一緒に笑っているのではなくそれに気がついて欲しい。

尊重しあう
 議論の進め方として、各々謙虚に他人の意見を尊重し聞こうとする姿勢が必要だろうと思います。そして「真剣10代しゃべり場」は、そんな風に議論を進めているように思える。相手のいいところを褒め、違うと思ったところを言う。司会が必要ないぐらいに、意見を言うタイミングもお互いにサポートし合っているように思える。各々が議論を進めることを考がえているように見えた。

感情の制御
 感情をぶつけたくなった場合でも、ぶつけるのではなく表現で終わらせている。かといって我慢してしまうのは良くないことで、思っていることは話し主張する必要がある。その感情を聞いても感情的にならずに話しを聞ける必要がある。そんな感情の制御が10代でできているのだ。もしも、こんな10代が大人になったら、今の大人なんて…

努力する
 相手に思いが通じないと思うと、言い方を変えて説明する。これも重要なことで、同じことを何度も強調するために言うのは必要だが、一つの言い方だけでは通じないことは良くある。違う角度で同じことを話すことも必要なのだ。そして、意味がわからなかったら予測できる内容を検討し質問することも重要だ。そういうのもできていた。


 自殺や犯罪が蠢く現代、その子供たちはそれを糧に成長しているように見える。やはり時代は振幅を繰り返すようだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-01 06:42 | 考えたこと



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism