ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

<   2004年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

UPNPについて

 昔から気になっていたキーワードが「UPNP(Universal Plug and Play)」だった。ブロードバンドルータがよくサポートしている機能だ。

 MSNのメッセンジャーがボイスチャットを行う時で、FWが間に入っている場合このUPNP機能を使って通信を行うことが有名だ。まぁ、ほとんどの理由はこの理由だろう。

 これくらいだと思っていたら、実はこの前買ったネットメディアプレーLANDISKの関係もどうやらUPNPのようだ。どこにも記述がないが、LANDISKの中のスクリプトの名前にUPNPの名前があったので多分そうだろう。IntelがどうしてUPNPを促進しているのかわからなかったが、家電に進出したいからだとようやくわかった。

 ちょっと調べてみても、なかなか面倒なプロトコルのようだ。ネットで調べてもなかなか、ちゃんとした記述がない。やっぱ本買わないとわかんないのかな。

 UPNPの行き先は、家電の遠隔操作、パソコンとかで簡単に家電の制御をしたいとか、外出先から家電をいじりたいとかいうことみたい。極端にいうと、現在のリモコンをUPNPで作りたい様子。客観的に見ると、リモコン作るのに多くの技術者と多くの時間をかけているということで、技術的にはすごいのだがやっていることはたいしたことないのかもしれない。

 でも、技術なんてそんなもの♪


参考資料:
LifeStyle:デジタル家電との距離を縮める「UPnP A/V」
Intel:家庭でのデジタル・コンテンツ利用を強力に促進する UPnP* AV 仕様
Microsoft TechNet:Windowsョ XP のユニバーサル プラグ アンド プレイ (UPnP)
UPnP™ Forum


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-08 09:50 | パソコン

午後のこ~だ

 前まで、mp3のエンコードにrazorlameを使用していた。あんまり詳しくなかったので、とりあえず、Lameが使えてWindowsのバイナリがあるものが欲しかったので利用していた。だが、最近razorlameが更新されない。まぁ、lameのバイナリがあれば問題ないのだが、ちょっと変わり物が欲しくなった。

 それで、有名どころの「午後のこーだ」を利用することにした。ちょっとHPを見ると、lameの改造版だということがわかった。結局は、lameだった。まぁいいやぁ。

 使ってみての感想だけど、インストーラでコンパイラが走るのは中々面白い。コンパイラが走るということは、インストールしたPCにコードが最適化される可能性が高いので、よくできている。しかも、Hyper-Threadingに対応しているところがうれしい。

 それにちゃんとGUIがあるのでとても便利だ。けっこう気に入りました。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-08 04:14 | パソコン

LANDISKをもうちょっと便利に(DVDイメージをうまく使う)

 DVDのイメージ(ISOイメージ)をLANDISKに保存している。これってかなり便利に使える。

パソコンで再生
 DVDのイメージをパソコンで再生するには、Windowsのファイル共有でファイルを共有して、DAEMON ToolでDVDのイメージをマウントして使用する。これで、パソコンからは普通のDVDのドライブに見えるので、そのままMediaPlayerで再生することができる。

ネットワークプレーヤーで再生
 僕の家には、IODATAのAVeL LinkPlayerがある。これで、LANDISKにあるDVDのイメージを再生したい。しかし、イメージのままではネットワークプレーヤーでの再生はできない。だが、DVDの中にあるファイルの形式であるVOBファイル形式のファイルを再生することができる。

 つまり、WindowsでDVDドライブをファイル共有した場合にそれを利用できると言うこと。LANDISKにあるDVDイメージをパソコンで再生で説明した方法でマウントし、そのドライブを共有することができるということ。問題点は、再生するにはパソコンを立ち上げる必要があるということ。

LANDISKでDVDイメージをマウント
 そこで、LANDISKでマウントできたらVOBファイルが見えるので、マウントできたらいいなぁと思うわけです。しかし標準のLANDISKでは利用することは無理なので、まずはdebian化するのが手っ取り早いだろう。それにログインする必要があるのでTelnetかsshする必要がある。

 問題点は二つありそれを解決する必要がある。
Loopデバイス
 Linuxカーネルの2.4.21のコードを利用してModuleのBlockデバイスのLoopをコンパイルする必要がある。

mountが2G以上のファイルを使えない
 どうやら、標準でインストールされているコマンドは大きなファイルを読むことができない。mountも大きなファイルが使えない。debianのmountをフルパスを指定して使用する必要がある。

コマンドの使用例
マウントする時はこんな感じ
insmod loop
mount /mnt/hda3/share/disk/dvds/disk.iso /mnt/hda3/share/disk/mnt/dvd -t iso9660 -o loop=/dev/loop1

/mnt/hda3/share/disk/dvds/disk.iso はDVDイメージのファイル名
/mnt/hda3/share/disk/mnt/dvd はマウントするディレクトリ
/dev/loop1 はLoopデバイスの名前

アンマウントする時はこんな感じ
umount /mnt/hda3/share/disk/mnt/dvd
losetup -d /dev/loop1

参考資料
Manpage of MOUNT
Manpage of MOUNTのLoopデバイスの説明


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-06 19:54 | パソコン



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism