ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

<   2004年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

情報表示ツール(Samurize)

 「Samurize

 情報表示ツールとでもいうのかな。Windowsのdesktopのカスタマイズができるツールかと思ったが、情報の表示ができ、その表示方法をカスタマイズすることができるツールのようだ。このツールの特徴は、このカスタマイズ性にあるようだ。

 プラグインがしっかりしていて、VBSが使えるのでSamurizeがサポートしていない内容の情報もこれにより読み込むことができます。それに、Visual プラグインもあるので表示方法を工夫することもできるようです。かなり便利。。。


サンプル



以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-23 15:50

話のマルチトラック

 「話を聞かない男、地図が読めない女」に「女はマルチトラック」という話が出ている。この場合のマルチトラックとは、話をしながら別のことができたり、隣の人の会話に割り込むことができたり、複数の話を同時に話すことができること指す。女はこれを容易でき、男はできないという話。

 僕は、このマルチトラックを女にしかできないとは言えないと思う。これを行うための手法として推測できるのは、女の感でも書いたが、女は常に周囲の状況を把握しているということがまず前提条件にあると思う。つまり、話す内容について会話の断片から、その人の話たい内容を予測して会話の内容を把握する方法をとっているのではないかと思う。人が相手の言葉を聞き取る方法も、実は予測によるものがほとんどで、予測なしでは言葉の解析を脳でやることは処理が重過ぎるらしいと聞いたことがある。それの拡張であると僕は推測する。

 マルチトラックの話を聞いて思いつくのは、聖徳太子の逸話の「十人の罪人の言葉を聞き分けた」という話だ。懸命で公正な人であれば、罪人の罪状について事前に調査することは基本であると思う。後は、確認のために罪人本人から話を聞くということになる。つまり、話す相手の環境について事前に知っているし、場数をこなせば罪人の言うことはたいてい決まっているのだ。本当に確認だけであるのであれば、相手の言うことが自分の知っている内容と異なっているのかチェックするだけで良い。十人はかなり頭の良い人でしかできないかもしれないが、4人程度であれば訓練することにより実施可能だと思う。


 さておき、女はちっちゃな聖徳太子?ってことになる。手ごわい相手だ…


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-17 09:05 | 人の機能

女の感

 「話を聞かない男、地図が読めない女」に「女の感」の原理について中々面白い説が書いてあった。

 男に比べ、女の方が周囲に注意を払っているということが理由らしい。男の休息中の脳は70%が休止しているらしい、だけど女は90%が活動中らしい。理由は狩猟時代の男は、家に帰ってきて、焚き火の火を見て安息の時間を過ごすらしい。それに対して女は巣を守るため、常に周囲を警戒している必要があった。これら狩猟時代の名残が現代の男女の脳にまだ残っているためらしい。

 この説が正しければ、女は男より周囲に気を配っているため、男の気がつかないことまで観察を行っている。そのため、男の想像を超えた内容のチェックを常にしているということになる。想像を超えているので、男には何故ばれたのか理解できないことがある。あるいは言葉で説明するには情報量が多すぎる内容を処理しているため「感」としか表現できていないのではないだろうか。

 ということは、「女の感」に男が対抗しようと思うのであれば、家で安息せずに家でも緊張感を維持し周囲に気を配っていれば、実は女に対抗しうる力を得ることができるのではないだろうか。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-16 19:46 | 人の機能

新型Zaurus(SL-3000)

 SL-3000

 新しいZaurusがでるらしい型番は「SL-3000」で、愛称は「ギガ・ザウルス」と言うらしい。特徴は4GのHDDが搭載されているようだ。なんとも魅力的なのかそうでないのかよくわからない商品だ。バッテリー容量も8時間30分7時間らしいので結構もつ。かなり高機能なMP3プレーヤーと思えばよいのだろうか?

 4Gっていうと微妙な商品に思える。

 しかも、USB1.1なのでZaurusへの書き込みスピードはかなり遅い。。。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-16 08:22 | Zaurus

はこ箱について

 10Gの無料のネットワークストレージらしい。昔xdriveが10Mの無料ストレージがあった。しばらくして有料になってしまったが、あれはあれで使えた。yahooでも似たようなブリーフケースサービスがあり30Mが無料だ。

 桁の違う容量を提供しているのがこのはこ箱だ。聞いた感じはかなり凄いことがわかる。しかし、面白いのは大容量が故に、制限がかけやすいことが面白い。

制限事項:
・15日間しか保存することができない
 アップロードしたファイルを15日間しか保存することができない。これによりHPとかのファイル置き場にされることを防いでいるのだろう。また、不要なファイルをずっと置かれることも防いでいるともう。この制限で用途を一時的なファイル置き場でしかないと限定させている。

 そのため実質、一時的(15日間)でずっと10G利用することはかなり難しくなるだろう。サーバーの容量の計算はずっと少なくてすむだろう。

・回線スピードの制限
 10Gをターゲットとして考えると、ひとつのファイルの容量も大きくなると考えられる。つまり、長時間のダウンロードが必要になる。低速ダウンロードは無料で、高速ダウンロードを有料にしているところが面白い。つまり、ダウンロード時間を購入することになる。

・専用ツールでしかアクセスできない
 専用ツールでしかアクセスできないようにすることで、自動化を防ぎ別の用途での使用を制限させることができる。通常のユーザにはこれは便利なGUIとして見ることができる。実は、このツールがないとダウンロードとかができないため、不便な点となる。Webベースのものが実は一番利便性が高いと思う。


 で、結局お金をかけないとあまり使うことができない仕組みだろう。無料での回線スピードの遅さは多分耐えることができないだろう。そして、耐えることができなくなったときに、従量制による課金制度を行っているため、お金を払いやすい。よくできたシステムだと思う。

参考資料:
見せて送って楽しめる HAKOBAKO
==はこ箱を利用しよう==#1
はこ箱のススメ


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-12 07:02 | パソコン

HD-250U2の購入

 最近色々あり、ディスク容量が不足気味なのでついBUFFALOHD-250U2を2万ぐらいでそれに10%のキャッシュバックつきだったので思わず衝動買いしてしまいました。

 後で調べると、価格.comの掲示板によれば3ヶ月程度で壊れてしまう事例が多いとのこと、やっぱり安物はだめですね。掲示板にある通り凄い発熱があります。これであれば危険度が高いのも納得できます。160Gを超えだすと発熱量が凄い上がるということを忘れていました。買った機器はファンレスなのでかなり危険の様子。

 中にあるのはどうやら、dmesgからWESTERN DIGITALWD2500BBということがわかった。多分原因は、このHDに問題がある様子で、このWD2500BBの掲示板にも問題が多くあると言うことがわかった。

 安物は壊れやすいので少しばかり工夫が必要なようだ。ちょっと考えてみる。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-11 04:46 | パソコン

BitTorrentについて

 ファイル共有について調べていたら、BitTorrentなるものの存在を知った。これは、P2Pのアプリケーションだ。P2Pと言えばWinnyが有名だと思うが、あれよりも技術的に面白いと思う。

Winnyとか
 ファイルをサーバで、欲しいファイルを誰か持っていないか検索して、ダウンロードする仕組みだと思う。使ったことがないのでなんともいえないのだが。この時、自分のファイルも公開することができる仕組みだと思う。

 この場合、ダウンロード相手との回線スピードがダウンロード時間になる。誰かが欲しいファイルを持っていて、時間をかけてダウンロードする仕組み。

大きなファイルをみんなでなるべく早く
 BitTorrentは、大きなファイルを、みんなで協力し合ってなるべく早くダウンロードする仕組みだ。Winnyとかのようにファイルを検索する機能はついてない感じ。特定のファイルをダウンロードする時に使う。

 ダウンロードの時間がかかるのは、回線の問題もあるかもしれないが、サーバ(この場合配布する側)への負荷の集中が多くの理由だ。これを回避するにはダウンロードするファイルを、サーバが複数に分割しそれらをランダムにクライアント(この場合ダウンロードする人たち)に配布、ダウンロードする人たちが自分のもっている分割されたファイルを共有しあう方法だ。これにより、サーバに負荷をかけることなく高速にファイルをダウンロードすることができる。

 ADSLや光が導入されることでクライアント側の回線スピードが上がっているなか、サーバの回線スピードの向上は難しくなっていると思う。それを解決するための方法としては、とても有効な方法だと思う。

参考資料:
BitTorrent
BitTorrent プロトコル仕様書

Japan.internet.com Webテクノロジー - P2P ソリューション:大容量コンテンツ配信 BitTorrent(1)
BitTorrentでファイル共有

Azureus : Java BitTorrent Client
Azureus - BitTorrentクライアント


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-10 07:40 | パソコン

悪口を言う人

 大学時代の先輩に教授の悪口を言いまくる人がいました。かなり頭の良い先輩でピンポイントに教授の悪口をわかりやすく、感情的に説明してくれました。余程、教授に対してストレスをためていたのでしょう。

悪口は、言う人のこと
 悪口を言う人は、自分の悪いところを相手の悪口として話ていることが多い。彼も例外ではなく、結局は自分のことを話していたようだ。類人嫌悪と言うものだろう。全部が全部そうではないかもしれないが、多くはあたっていると思う。

 多分、相手の悪いところを理解しないと悪口は言えないからだと思う。理解できることの多くは自分も同じで共感できるということ。つまり自分と同じところを理解しやすいのだ。

 悪口を言う人は、自分の嫌なところを相手に説明していることが多い。恥ずかしくないのだろうか。言うのであれば、自分と同じかもしれないと考えた上で話すべきだ。


感染する
 自分にないことで、相手の悪口を言った場合、それは自分に感染する可能性が高いと思う。人の悪い癖は感染するのだ。なぜなら、悪い癖は目立つため印象に残りやすい、それが潜在意識に残るのだろう。いつの間にか真似しているのだ。そして、悪口を言う人は多くの場合、人に共感してもらうために、きちんと正確に分析してしまうので余計に感染するのだ。

 本当に人の嫌な癖等を見たときは、さっさと忘れる必要があるし、二度と見ないようにする必要がある。そうしないと段々と似てくるのだ。だから、結局は「悪口は、言う人のこと」になってしまうのだ。


 「人の悪口は言わないほうがいい」というのは、この辺からもきているのかもしれない。結局、大学の先輩は悪口を言いまくって自分の欠点を僕に教えてくれた。なので対策は練りやすかった。「それじゃ教授と同じじゃないですか」が彼に対する口癖になってしまったのだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-08 21:47 | 人について

十聞くことができる

 「一を聞いて十わかる」という人がいます。察しがいいとかそんな感じだと思います。でも、僕は、十聞くことができるってのも凄い機能だと思います。

我慢して聞く
 普通話の話は、一を聞いて十わかるほどではないにしろ、5ぐらい聞けば大まかなことは理解できるでしょう。わかった上で、確認の上で最後まで聞くことができる忍耐力がある。このことは、非常に重要だと思います。察しがいい人ほど、わかっていることをあえて聞くことになる可能性が高いので忍耐力が必要とされると思います。

質問できる
 物事の説明の多くは、十を説明できてはいません。7ぐらいがいいところだと思います。そのかけている3を探し出して質問することができるということは、かなり凄いことだと思います。これには、推論する能力が必要となります。

 説明が3しかなされない場合、残りの7を取り出すのは至難の業です。説明ができない人を馬鹿にする人がいますが、それは説明者だけではなく、説明者からうまく聞き出すことができない事から、聞いている者も能力が少ないことを意味します。少ない説明から、色々推測を行い仮定をぶつけ回答を得る能力が必要だと思います。

聞き出すことができる
 説明が面倒な人がよくいると思います。その人たちから、うまく情報を引き出す能力はすばらしいものだと思います。これは多分、すこし悪い言い方ですがご機嫌取りができないとだめだし、ある程度の笑いを取れるユーモアを持っている必要があります。


 人や書物から情報を引き出す能力は、非常に重要です。それを持っている人はすばらしいと思います。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-08 21:26 | 人の機能

人の機能について

 「人について」と少しだぶっている。「人について」は、抽象的な概念から詳細を分析しているつもりだ。この「人の機能について」は、まず人の部分的な機能について書きたいと思う。

 どこが違うのかは、ちょっと微妙なのだが、こっちの方が書きやすいことがあるような気がするのでこのカテゴリを作ってみた。あまり変わらないかもしれないし、変わるかもしれない。とりあえず、最近書きにくくなってきたので、書き方を変えてみるとする。

 それと、僕は人を褒めるのも好きだ。世の人々は、人の褒め方は苦手のような気がする。誰も僕を褒めてくれないためにこう思っているのかもしれないが(苦笑)。
 それはなぜか、人を機能で分割しそれ単体での評価ができないのだと思う。実例で示せば、「君の何がどうすばらしい」の「何が」と「どう」が重要だと思う。「何が」は機能であると思う。褒められている箇所をしっかり明確にすれば、人はうれしいものだ。


 最初に誤っておきますが、僕はあまり言葉を知らないので「凄い」と言う言葉の量が増えてしまいます。口で説明する時は、誤魔化せるのですが文章だと見にくいかもしれませんが、よろしくお願いします。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-08 20:46 | 人の機能



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism