ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

<   2004年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

人間とは噂の奴隷であり。。。

 「人間とは噂の奴隷であり、しかもそれを、自分で望ましいと思う色をつけた形で信じてしまう」

 塩野 七生のユリウス・カエサル ルビコン以前(中)ローマ人の物語9に出てくる言葉。明記されていないのでわからないが、多分カエサルの言葉だろう。

 人間は、自分がどう見られているのかがとても気になる。多くの人の行動基準は、誰かにこう見られたい等の欲求からくるものだろうと思う。世間体というものを気にするのが、一番顕著に表れる例だろう。

 戦時には、兵士の士気が命運を握る。兵士の士気は噂に踊らされることが多いだろう。戦況が悪化したり、指揮官のリーダーシップなどは噂によって広まり士気に影響する。また、他国への影響も噂によって、態度が変わったりもする。味方も敵も、このルールの範疇から逃れることはできない。カエサルは、人が噂によって行動することを知っていたので、ガリア戦記を成し遂げることができたのだと思う。

 カエサルの行動を色々考えてみると、カエサルは噂されるというより、どう噂を作るかという視点で動いている気がする。自ら、噂を作ることにより噂を制御し、それにより人を制御していたように見える。また、噂を自分が思うように制御するために「アクタ・ディウルナ」を始めたり、ガリア戦記を書いたのだろう。これにより「自分で望ましいと思う色をつける」ということはなくなるのだ。

 ちょっと話は違うが、きっとカエサルは人がとても好きだったと思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-14 05:40 | 面白いと思った言葉

使えない部下を持つ人

 前紹介した決めつけるひとである。この人は、とても個性的でとても一つの特徴では語ることのできないくらいである。

 前にも説明したかもしれないが、この人はとても怒鳴るのである。口癖に近い言葉が、「ったく、使えねぇ奴ばっかりだな」という言葉だ。叱咤激励しているつもりなのかもしれないが、それは彼の言い訳で本当はただ本音を言っているだけのように聞こえた。とても、感情的な人なのである。

彼の周りの人たち
 僕から見れば、彼の周りの人間はかなり優秀な人で占められていたと思う。技術レベルは、かなり高いものがある。ハードに卓越した人や、ソフトに詳しい人各ジャンルに特化した人たちの集まった技術者集団だった。年齢も若い人から、中堅までそろっていた。

使うことができない人
 使えない人とは、言い換えれば使うことができない人と言うことだと思う。彼の周りには優秀な人が多かったが、彼はそれを使いこなすことができなかったのだ。だから、彼は「使えない!」と連呼するのである。だから、彼こそが「人を使うことができない人」なのだと思う。

人を選ぶ
 人を選ぶことができれば、選べば良いだろう。だが、面子が決まればその人材を活かすために徹するのが良いと思う。カエサルは、部下を選ぶことはしなかったそうだ。部下に合った様に仕事を与えていくのが、良い指導者と言えると思う。しかし、その活かせ方が部下とは合わないことがあるかもしれないが。

人の悪口は言っちゃ駄目
 人の悪口を言ってはいけない理由は、こういうところからきているのかもしれない。人を非難することは、時に自分の欠点をさらけ出すことなのだから。彼は「使えない」と人を大声で非難した、実はそれは「自分が人を使えない」と大声で曝しているのと同じなのだから。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-14 04:18 | 人について

アクタ・ディウルナ

 「アクタ・ディウルナ」

 最近、塩野 七生のユリウス・カエサル ルビコン以前(中)ローマ人の物語9が文庫本として出たので読んでいる。この中(P38)に出てきた言葉である。直訳で「日報」といい意訳すれば「元老院議事報」らしい。

 カエサルが執政官になった時に実現したことだった。それまで元老院の議会で話し合われたことは、そこに出席していた人たちからの伝聞でしか知ることができなかった。これをカエサルが「アクタ・ディウルナ」を実施しそれをフォロ・ロマーノの一角の壁面に張り出すことにより、政治の透明化を図った。

 これって凄いことだと思う。伝聞っていうのはやっぱり、伝言ミスがかならず起こる。これを紙にして張り付けることは、正確に情報を伝えようとしている行為。これってかなりIT(情報技術)の技だと思う。

 仕事をしていたとき思ったのだが、これの真の意味を理解していない人が未だ多いのはどうしてなんだろう。情報が錯乱している中、それを上手くやるのが仕事だと思っている人が多かった。ある意味楽しいそう。そんなのちゃんとメールでの連絡(正確な情報を伝聞でなく書き物として、関係する範囲に配布する)を徹底していれば、起こらないことなのにね。

 もっと面白かったのは、それを実行したとしてもその効果を理解することができないでいる人たちが多かったところにある。便利や効率というものに鈍感な人が多いのだろうか。

 やはり、歴史を学ぶことは有意義なのかな。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-10 06:54 | 面白いと思った言葉

成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。必要なのは勇気だ。

「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。必要なのは勇気だ。」

 この文章はウィストン・チャーチルの言葉だそうだ。チャーチルが何者かは、僕はあまり知らないが、上手い具合に表現されていると思う。

 一時的に成功することは簡単でよくあること、成功を持続するのは難しい。また、失敗は成功の元であるから、決して致命的ではない。必要なのは行動することであると僕には読み取れる。

 成功しても失敗しても結局安心なんてできないんだよね。でも、安心できるようになったら終わりなのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-10 06:20 | 面白いと思った言葉

LANDISKをもうちょっと便利に(MATLIK導入)

 GV-MVP/RX(TVキャプチャーボード)の購入をしたのだが、ファイル名が番組名とリンクしていなくただの番号なので意味不明になっている。こんなんじゃやってられないので改造することにした。こういう時、Linuxだから楽なんだよね。

MATLIKバージョン2というのを見つけた。僕と同じく、アイ・オー・データ機器のTVキャプチャBOX GV-MVP/RZを買ってきて、LinkPlayerで見ようとしていたようです。

 mAgicTV File Linker for KURO-BOX の略らしい。名前の通り玄箱用なのだが、ちょっとmakefileを書き換えてコンパイルしたら動いた。ファイル名に番組タイトルを入れてリンク張ってくれるのでそこそこ便利だろうと思う。これでまともに動く。

 ついでにwizdってやつを導入することにした。よく調べると、wizd改造版がでているようで、そっちの方が機能が多そうだったからそれを利用することにした。これで、LinkPlayerから少しは簡単に動かすことができる。既存のものだと、動画ファイルを選択画面が使いづらいのだが、これを入れると少し改善することができる。

 それにしても、世の中の製品にLinuxが使われるようになって非常に便利な世の中になったものだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-09 06:07 | パソコン

GV-MVP/RX(TVキャプチャーボード)を購入

 IODATAさんのGV-MVP/RXというTVキャプチャーボードを購入した。



IODATA GV-MVP/RX


 これを買ってみた。これでホームビデオサーバが作成できたことになると思って買ってみた。感想としては、ネットワークを考慮した場合使えないボードだということがわかった。先日購入した HDL-160U(LAN接続ハードディスク)に録画ファイルを保存したところ、けったいなファイル名になって記録されていることに気がついた。保存形式が、一つの録画ファイルにつき、数字の名前のついた変なフォルダを作成、その中にMPEGのファイルが保存されていた。

 どうやらこれが、mAgicTVというこのボード付属のツールの仕様のようだった。これを同社のLinkPlayerで表示させても、ファイル名がただの数字にしかならない。こんな感じじゃ、せっかくのファイル共有も意味がなくなってしまう。どのファイルがどれかさっぱりわからなくなる。その他、もろもろの問題点があるように思える。

 一応色々すると普通のファイル名のMPGになるようだけど、色々しなくちゃいけないらしい…困ったものだ。これってよくあるカタログスペックだけの連携の取れていないぼろいシステムでしかないと思う。

 やっぱりカノープスの方がよほど便利である。なんでこんものがシェアNo1なんだろう。信じた僕がバカだった。カノープスのMTVX-2004より画像が綺麗だと聞いたので買ってみたが、それはそうかもしれないけど、使い勝手が悪すぎる。PCの負荷も高い。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-09 01:17 | パソコン

群れて攻撃する人たち

 大学時代に、科のネットワークを管理する委員会に所属していた。委員長に担当の教授、副委員長に生徒代表というものだった。副委員長が仕事を何もしてくれないとの話だった。最初はあまり気にしていなかったのだが、そのうちにネットワークの実験をしたくなったので、干渉せざるを得なくなった。その時に、副委員長を攻撃し始めた人たちのことを書く。

 メーリングリストで色々依頼を行ったのだが理解をしめしてもらえなく議論が白熱し、そのうちメールが段々過激になってきた。よくある話である。軽く根回しをしてあったので、僕の賛同者がそこそこいた。

皆が嫌いだした
 時間が経過するにしたがい、皆が副委員長を嫌いだしたのだ。僕は、議論がかみ合わない程度だと認識していた。彼の意見と彼とは違うと考えていた。メーリングリストでは、ほとんどが彼と僕とのやり取りだったが、思っていることを投稿しない人たちが嫌い始めたのだ。僕が口火を切ったかのように、観覧していた人たちが僕に副委員長の悪口を語るようになった。

群れると怖い
 悪く言う人が集まり始めると、共鳴反応のようなものが起こり、さらに強調されるようだ。メーリングリストで、皆の前で色々やったので、そのことを知っている人が多い。しかも、メールなので記録に残ってしまったり、転送するのが簡単なのだ。また、その意見のやり取りをするのもだ。

 どうやら、僕と副委員長に関する議論を個人ベースでなされたようで、議論の結論が出て、賛同者が増えた模様だった。そして、賛同者は賛同者を呼んでしまうようだった。

妙な連帯感
 共通の敵を得て皆が連帯感を得たような気がした。なんだか、お祭り騒ぎで楽しんでるように見えた。皆は、自分が陥っている状況を把握しているのか不安を覚えた。きっと嫌うことはきっかけでしかなく、皆で嫌うことで連帯感を楽しむのが目的なのだろう。だから、本当はそんなに副委員長のことを嫌いではないのだろう。

 政治もこのような現象で動いているかもしれないと思ってしまった。もしそうだとすると、少し寂しい気がした。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-07 05:00 | 人について

HDL-160U(LAN接続ハードディスク)を購入

 先日IODATAのHDL-160U(LAN接続ハードディスク)を購入した。USB接続がLAN接続に変わったちがいにある。USB接続の場合は接続時にPCが必要だが、LAN接続の場合はPCがいらない(実はこのHDDはPCなんだけどね)という利点がある。また、このハードディスクにUSB接続の2台HDDを接続できる点が面白い。



IODATAのHDL-160U(LAN接続ハードディスク)


 これは、ファンレスなのでとても静か、そんでもってそこそこ賢い様子。スペックはCPUが266MHzらしい。今時では遅いように思われるが、画像をあまり扱わなければそんなにCPUを使わないので十分なスピードと言えるだろう。ちょっとした作業の小回りとしてLinux機にしようと思う。それと本来の目的のストレージ機能として使用する。

バックアップ
 とりあえず、怖いのでバックアップを取るため、分解してHDDを取り出しHDDのイメージを取り出す。分解の手順はwizd on LANDISKさんのLANDISK 分解に書いてあったやり方で行った。そして、バックアップの仕方は内蔵 HDD 換装を参考にして行った。MBRとパーティション1をddでイメージをとって、パーティション3をtarでバックアップした。

 ちょっとLinux領域を増やそうかとpartedを使ってやってみようかと思ったが、エラーが出てできなかった。

rootのパスワード
 バックアップがとれたので、いじることにする。何かと困るのでrootのパスワードを書き換える。

sshdをインストール
 起動して、sshができないと何もできないのでLet's hack LANDISKさんのIO-DATA HDLシリーズ用sshdインストーラを利用させてもらった。これは、ファームのバージョンアッププログラムを利用してsshをインストールする優れもの。あっという間にログインすることができるようになった。

debian化
 メンテナンスを自分でやるのは、面倒なのでdebian化してしまう。手順はLANDISKで漕ぎいでな~♪ さんのLANDISKのdebian化を参考にした。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-07 03:58 | パソコン

だめ人間

 ブログを始めた頃から、検索機能がなぜないのかわからなかった。検索機能って最初につけるものかと思っていた。検索が一番自分が見たいブログを見つけやすいからだ。やっとついたのでかなりうれしい。

 僕は、「人間」が好きなのでちょっと検索してみた。51件だった。全体の件数が60,195 であることから考えれば、1%に満たない。ブログタイトル検索なのでタイトルについているってことが条件だから、そんなものかもしれない。

 「人間」のブログタイトル検索の結果を見ていて思ったのだが、「駄目」とタイトルがついたものが多かった。思わず数えてみると、13件で25%だった。人間と言えば駄目なんだろうか?


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-05 20:34 | 考えたこと

感動しないコレクターな人

 中学の時の同級生に、何かと収集癖のある友達がいた。彼は中学時代クラスの人気者で、色々イベントを画策しては楽しんでいたようだった。発想がユニークで仕切るのが得意だった。体育会系で大学もスポーツ推薦だった。家は、田舎の少しばかりお金持ち。

収集癖
 小学校時代はお菓子のおまけ、中学校時代はパソコンゲーム、大人になってからは昔のパソコンやお酒等である。彼は非常にまめで、収集したものを管理するのが上手かった。しかし、面白いことに収集し終わったものには、興味がない様子だった。

 ゲームを収集しても、収集することが目的なので、ゲームを楽しんだりしないのである。きっと収集することが彼にとっての楽しみなのだろう。中学時代は認めなかったが、最近は自身で自覚し始め自他ともに認める収集家となった。

 インターネットが普及する前から、パソコン通信で色々情報を仕入れたりしていた。もちろんインターネットが普及すると、あっという間に自分のHPを作成してして、マニアなネットワークを構築してしまったのである。

義務のように
 彼は、収集したものにあまり興味がないのだ。つまり、飾って眺めてうっとりするような収集家ではないのだ。彼は、彼の収集しているのがすきなのである。義務感のように収集しているのである。量が増えてうれしそうにしているところも見たことがない。本当に収集しているだけなのである。きっと、昔は収集することが楽しかったのだろう、今は慣習のように収集を続けている。

辛いこと
 どのような趣味あるいは、仕事においても僕は感動がないと辛いと思う。感情が動かないということは、喜怒哀楽が感じられないということ、無感動ほど意味がないものはないだろう。もはや、ロボットと変わらないのだ。それは辛いことだと思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-04 22:13 | 人について



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism