ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:ITについて( 9 )

オンラインゲームの中のバーチャルドラッグ

 「オンラインゲームの中のバーチャルドラッグ」

Wired News - オンラインゲーム世界に浸透する「バーチャル・ドラッグ」 - : Hotwired

 僕は、オンラインゲームには手を出していない。なんとなくエンドレスっぽいし、癖になりそうなので避けている。この記事を読んで、オンラインの世界が段々と現実の社会との違いがなくなりつつあるように感じた。僕は、オンラインゲームはまだやったことがない。

バーチャルドラッグ
 ゲームにより違いがあるようだが、基本的には一時的に強くなるがそれには副作用があるというもののようだ。そして、その副作用はゲーム内での死が与えられるようなのだ。生と死の概念すら現実のものと近い関係になりつつあるように思える。

中毒性
 中学生時代に、PCでゲームをよくやっていた。RPGを好んでやっていたが、経験値稼ぎが大嫌いだったため、データをいじって経験値を増やしていた。一度データをいじることを覚えてしまうとやめられないのだ。しかし、当時のゲームは今のゲームのように紙芝居的要素が少なく、ゲームがあっという間に終わってしまう。だが、やめられなかった。それで、ゲームをすることをやめてしまった。

人が作るものは人をあらわしている
 オンラインゲームは、人の特性を忠実に表し始めている。PSのゲーム等は操作に限定はあるのがかなり現実的になってきているように思える。アナログの世界ではなく、デジタルの世界に現実社会が映し出される。世の中を知るには、デジタルの世界を知ることが一つの解になる日が来るのかもしれない。その時に、ゲーム会社の商品はこういった統計情報になる日になる可能性が高いだろう。


 自分の都合の良い空間ほど長続きしない。


以上
 
[PR]
by ma2mura | 2005-01-06 17:07 | ITについて

夕刊フジBlog

 「夕刊フジBlog」

 夕刊フジBlogを見つけた。流行っているブログが気になってテスト運用ということなのだろうか。ひとつの可能性を見つける上で面白い挑戦だと思う。

機能的には
 見た目は、他のブログでないニュースサイトと比較すると、トラックバックの機能以外はどこが違うのかわからない。かといって、トラックバックの機能がついているのは、他のニュースサイトとの違いをアピールするには、十分だといえると思う。他にあるとすれば、現在増えているブログユーザに慣れ親しんだインターフェースってぐらいかな。多くの利点は作成者側での運用時コストにあるのだろう。その辺のレポートとかあったら読んでみたい。

サラリーマン大失敗物語
 それにしてもこの夕刊フジに掲載されているカテゴリ(?)だ。読んでいて面白い内容が多かった。身近にありがちな話題を実感を込めて紹介してもらえるのは面白い(つまりブログの醍醐味?)。この夕刊フジブログの特徴は、ユーザとの相互の情報発信にあるのかもしれない。そう考えなくてもこのサイトはなかなか面白いサイトだと思う。



参考:
夕刊フジBLOG
サラリーマン大失敗物語

以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-16 21:57 | ITについて

GoogleのZeitgeist

 「GoogleのZeitgeist」

 Googleがいつからかわからないが、Zeitgeistというサービスをやっているようだ。どこでもやっているが、人気のある検索語ランキングってところかな。どこのもそうだが、たいして「へぇー」ともいえない語ばかりのように思える。

 なんか、もっと面白いことしてほしいなぁ。


Google Zeitgeist


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-13 14:33 | 未分類

「大手PCメーカー3社が消える」レポート

 「「大手PCメーカー3社が消える」レポート」

 Gartner大手PCメーカー3社が、3年以内に消えると予測した。凄い大胆な予測だと思う。採算が合わなくなってきているのだろうか。敵が中国とかであるのであれば、もうマザーボードなんか向こうで作っているから、もうノウハウができてしまっているのだろうか。もっと低価格になるのであれば、特にブランドにこだわるわけではないのでそれでも良いと思う。

 IBMもPC関連の売却の話も出た。

 僕は、個人的にノートPCはIBMのThinkPadを愛用している。僕はトラックポイントがあることと、使い方が荒いので丈夫なThinkPadを選んでいる。ディスクトップPCが、中国製とかになるのはかまわないが、ノートPCは国産がいいなと思う(IBMのThinkPadの設計は、日本でやっているらしい)。細かな気配りとかは、日本人の十八番だから。


参考資料:
gartner.co.jp
ITmediaニュース:PC大手3社が「3年以内に消える」――Gartner予測
ITmediaニュース:「大手PCメーカー3社が消える」レポートに反論
ITmedia エンタープライズ:「IBMがPC事業売却」の報道


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-04 13:15 | ITについて

blogWatcher

 「blogWatcher」

 ブログの検索ができるサイトがないか探してみた。昔「Bulkfeeds: Home - RSS Directory & Search」というのを見つけた。これはそこそこ使えると思った。

 ネットでうろうろしてると「blogWatcher」を見つけた。検索は役に立ちそうにない。ただ、バースト度を調べることができるのが面白い。しかし、登録の総数とかがわからないからなんか微妙に使えない気がする。

 ソフト的には、面白いかもしれないが、出たデータは微妙なものだ。


参考資料:
ブログサイトをクロールし、話題のキーワードなどを検索するサービス


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-11-24 06:55 | ITについて

Bulkfeedsって良いのかな?

 最近、1週間ほど東京に遊びに行っていた。なので、ブログの更新を怠っていた。本来は、Noteもって行きたかったのだが、宿泊先にネットがないのでやめていた。お陰で本が3冊も読めてしまったのだが、何しに行ったのやら。少し懐古に浸っていたのかもしれない。

 1週間ほど更新しなかったのだが、それなりの訪問者数があったので驚いた。なんかの検索エンジンに引っかかるのかわからないがどういうことだろうと思い。ちょっと調べることにした。

 Googleの検索オプションって結構便利で、特定のURLのリンク先でGoogleが知っているものを検索することができるんだ(名称は、リンクページかな)。これで、検索したところ以下のページが引っかかった。

Bulkfeedsの僕のページ紹介
Bulkfeedsのトップ

 なんか、僕のページで自動的に取り出せる項目が書いてあった。これってなんなんだろうと思い。トップページに行くと「Bulkfeeds は RSS Feed のディレクトリ/検索エンジンです。日本国内で Syndicate されている RSS を Feed 単位/記事単位で検索できます。 」と、書いてあった。

 意味が良くわからないが、どうやらBlog用の検索エンジンのようだ。そして、その検索結果をJavaScriptで自分のページに貼り付けることができる感じかな。日々、興味のあるないようの進捗を知ることができるようす。

 Googleとかは、更新されていないか検索エンジンが探しに行くが、これはRSSとかいうやつで更新が送られてくる。この違いは最新情報がBulkfeedsの方が早く得られるということだと思う。

 多分使い方としては、やっぱりBlog用の検索エンジンなので、Blogの記事検索ってことかな。もっとWebのほとんどがブログに対応し始めるとこの検索エンジンはかなり面白いものになるのかもしれない。普通のサイトが最近ブログ化してきていると思うので将来性はあると思われる。


参考URL
感想文ばっかり読んでて肝心のゲームをプレイする暇がない罠
BulkFeedsを使って情報収集力を10倍に!


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-08-06 17:36 | ITについて

はてなアンテナってどうやって使うんだろう?

 後輩に便利だよって勧められた。Google使って検索してるとよく引っかかるなと思って気にしてはいた。システムの仕組みについては理解していると思っている。人のアンテナを見たことはあるが、まだ作ったことがないのでどうも。

 はてなアンテナ
 何年か前に運営者がなんかの特集でテレビにでてた覚えがある。

■はてなアンテナの仕組みの予想
 まぁアンテナっていうんだから、更新情報をチェックするってことだと思う。更新チェックをするHPをアンテナに設定すると、変更があったHPだけちょっとダイジェストをつけて表示してくれる仕組みだろう。

 アンテナ設定者のメリットは、普段巡回しているHPを登録しておくことにより、更新されたHPだけを閲覧することができる。結構便利かも。

 他人のアンテナを見る人のメリット、アンテナ設定者がアンテナの名前を分かりやすいものにしてあれば、目的の情報を初めて集める際に情報を得るのに楽。初めて情報を集める時には情報ソースの種類をあまり知らないから、他人が同じ目的で集めている情報を得ることが出来る。


 ここまでは、推測により理解することができるんだけど。いざ使ってみようと思うとなんとなく辛い。情報ソース(更新チェックしているHP)を知ることができればもっと使えるかも(やり方を知らないだけで本当は出来るのかもしれないが僕はわからなかった)。

 僕は、派手好きなので地味なHPは嫌いなだけかもしれないけど。。。
 どっかにもっと解説を詳しくしたHPないかなぁ


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-06-29 18:22 | ITについて

とうとう本当に実害があるウイルス

 営利目的のウイルスがそろそろ出始めてきたようだ。今までのウイルスはほとんどが愉快犯で世の中を混乱させる目的にものが多かった。

 愉快犯がほとんどだったのでPCがダウンする程度の被害にしかならなかった。世の中のセキュリティ関係の会社が宣伝活動のため駆除ツールを無料で公開していてくれたので、マスコミはいっぱい騒いだかもしれないが実害はあまりなかった。

 ここ最近でてきているウイルス例えばこれは、便利に使えるオンラインバンキングのパスワードやクレジットカードの番号等をハッカーに送るらしい。このウィルスに感染してしばらくしたら、銀行口座においてあるお金がなくなってたなんてことが考えられる。

 まだ、世の中の悪い人達がこのうまみに気が付いていないので、あんまり派手になっていないが、一つ出たら続くのが世の中の常。きっとこれから、こんな時代になるんだろうな。怖い怖い。

 しかも、いやらしいことにこのウイルス、パスワードとかハッカーに送る以外症状がでないらしい。つまり、使用者はセキュリティツールを入れていないと気が付かない。

 皆様、気をつけましょう。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-06-29 00:32 | ITについて

ネットワークと脳について

 現在批判に満ち溢れているP2Pシステム。Winnyとかです。これは、サーバクライアントシステムではないシステムです。個々のコンピュータ(Peer)がそれぞれに接続されメッシュ上につながっていきます。このシステムが発想された時期に問題となったのは、個々のコンピュータ同士が出会う場所(ある人はランデブーポイントと呼んでいました)でした。現在の技術はどのようにこれを解決したのかはよくわかりませんが、きっと個々のコンピュータと出会う前にサーバを用意したのでしょう。
 前置きはここまでにして、このようなP2Pシステムはどこかで見たことがないだろうか。なんとなく脳の構成に似ているような気がする。各コンピュータをシナプスと考えると脳のネットワークと構成類似点があるような内容な。もしも、酷似しているとすれば、ネットワークが巨大な地球レベル(現在のネットワークは地球内でしか使えないから)の脳を構築している気がする。これが、どういう意味なのかは、また別の機会に書こうかな。
 この話を3年ぐらい前に友達にしていたのを思い出した。きっかけは

ブロードバンド・ユビキタス環境の実現とコミュニケーションの変化
http://www.asahi.com/sympo/BB2004/index.html

 世の中には似たようなことを考えている人がいるんだなぁと思った。
[PR]
by ma2mura | 2004-06-03 21:53 | ITについて



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism