ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:未分類( 21 )

日本人の幸福度

 「日本人の幸福度」

 何を持って幸福とするのか、それは人によって価値観はことなるかもしれないが、どれくらい自分が幸福だと思うかということであれば、世界共通であると思う。

世界価値観調査
 世の中には、面白い調査を行う人がいるもので世界の価値観を調査する人がいるらしい。
World Value Survey, Introduction
 これを読んだわけではないのだけど、これを参考に書かれた記事(Newsweek 日本版:2005/1/26 P13)を読んだ(たぶん情報源はここだと思う)。どうやって調べたか英語を読めない僕にはわからないが、世界人口の8割近い人を調査対象としているらしい。

幸せと感じていない国民
 先進国の中でも自分をもっとも「幸せ」だと感じている国民がもっとも少ない国が日本だそうだ。お金と幸せはあまり関係のないということを証明しているように思える調査結果だと思う。記事によれば、長年にわたって内戦が続き、貧困にあえぐコロンビアの人々の方が人生を明るく捉えているとのことだった。

不幸の方がすきなのかもしれない
 日本は世界一安全な国であると言われたり、経済大国であると言われたりしている。にもかかわらず、なぜに「幸せ」ではないのだろうか。僕はその答えは、日本人は不幸の方がすきなのだからだと思っている。日本の歌には悲しい歌が多いし、日本語には悲しいことを表現する言葉も多いと聞く。不幸を楽しむことを好む人種なのではないだろうか。


 幸せになるも、不幸になるも人の好き好きであるように思う。ただし、人を巻き込まなければと補足したい。

以上
[PR]
by ma2mura | 2005-02-06 20:36

神動画

 「神動画」

 神業といえるようなことをやっている動画を集めたサイトを見つけた。人の技術のすばらしさを教えてくれるものだと思う。

神動画.com


 すごいのがこのぺんまわし


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-02-03 17:38

こだわり

「こだわり」

 人には一つはこだわりというものがあった方が良いと思う。

こだわり
 こだわりというのは、何かを大好きだということに近い気がする。大好きだからこだわってしまうのだと思う。大好きなものがあるというのは大切なことだと思う。しかし、こだわるあまり見えなくなることがあることも事実だと思う。

こだわりがない
 こだわりがないというのは客観的であるといえるのではないだろうか。客観性を求める場合に何かにこだわっていては成り立たない。客観性を求めるのであれば何かにこだわることはやめた方がいいと思う。やり方しだいでは、こだわりを持ったまま客観性を維持できないこともないとは思うが高度な技量が必要になるだろう。

創造力
 ものを創造する力は、何かのこだわりがないと難しいと思う。大好きな何かにこだわり何かを創造するのだと思う。こだわりが創造力の源のように思えてならない。こだわりがないと客観性が高すぎて、何かを成そうという発想が低くなってしまうのではないだろうか。何かをしたい強く願う主観が存在しなくてはならないと思う。

趣味
 こだわりとは時に趣味いう形を成して現れる。何かしらこだわりがないと趣味というものができないと思う。何かにこだわって色々しているうちに趣味という形になるのではないだろうか。多趣味な人は、何かを創造する力を持っている気がする。そして、人の人生を楽しく生きるコツでもあると思う。


 こだわりすぎると狂信的になってしまうのではないだろうか。どこからが狂信なのかの判断は難しいと思う。こだわる自分とこだわらない自分を作ることができれば理想的なのだが…


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-24 18:16

当たり前

「当たり前」

 小学校5年の時に坂下君に「そんなの当たり前だ」と言われたのが印象的だった。

当時
 当時坂下君に何を尋ねたかは、覚えていないが何か質問を投げかけた結果だった。疑問の答えが「当たり前」という回答はまったくの期待はずれで、疑問を持つことが間違いのように言われたことになる。当時の僕は、当たり前について疑問に思い始めた。

当たり前
 算数や理科とかもよく考えると有識者から見れば「当たり前」のことだと思う。どこからが、当たり前でどことらが当たり前でないことなのだろうか。僕がだした結論としては、自明すぎて答えることができない、或いはそれについて自明すぎて考えることがないからだと思う。

考えない
 物事の多くを当たり前だとして考えることをしない。ある意味素直に物事を受け止めているようすで、それ以上考えることをしない。例えば、昔の高校等の校則などがあげられると思う。意味の良くわからない校則などがあり、それを当たり前に思って生活をしていた。疑問ししても校則だから守るのが当たり前と言われてしまう。

本当は理由がある
 当たり前と言われることでも、すべて理由があるのだ。このような場合に自明すぎて説明の価値がないと判断されることが多い。これは本人にとって自明すぎて説明が困難なのでこのような判断をとるのだと思う。そして、多くの素直な人は当たり前なんだと納得してしまい、そのうちにその人の中でもそれが自明となることが多いのだろう。だから、あまり説明を求めることはしないのだ。それが習慣となり多くの人が興味すら抱かなくなるのだろう。

理由を求める理由
 当たり前を他人に強制あるいは要請するときに、納得して行ってもらうために必要になる。納得しないままでは、たいていの場合効率が悪くなることが多い。「そういうの先に言ってよね」ってことがよくあるだろう。また、理由を聞いて実行に移すときには、より細かな作業を行ってもらえる可能性が高い。

当たり前を説明する
 当たり前のことほど説明することが難しい。また当たり前を上手く説明することができるのは、真に当たり前のことを理解している人だと思う。そういう人達は、当たり前のことが基礎的なことなので重要であることを知っているように思う。だから、当たり前のことほど説明してくれる可能性が高いと思う。意地悪な人は教えてくれないことがあるかもしれないが…


 納得して行動することは、気持ちよく行動できることだと思う。

修正:
「当たり前」からの修正
 本当は理由があるの項目内
 当たり前を説明するを追記



以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-19 22:58

依存する人

 「依存する人」

 知り合いの女の子の彼氏のことだ。話しを聞いた時に感じたのは、女の子みたいだという印象だった。

ずっとつながっていたい
 携帯電話のメールとは偉大なもので、希望すれば常に相手と一緒にいる感じを維持することができる。仕事中であっても、仕事によっては暇な時間を見つけてすぐにメールすることは簡単にできるのだ。その彼氏は、監視業務なので仕事中はかなり暇で常に彼女とメールしているという話しだった。休日の殆どは、彼女と過ごし一緒に居ることができない時には、電話かメール。彼の中心は彼女だった。

これって愛?
 これが愛されているということなのだろうか。愛する人と一緒に居たいと思うのは、愛ということだとは思う。愛を語るのは難しいが、二人が望めば愛になるとは思うが、どちらかが望まなくなればそれは狂気なのかもしれない。その彼氏は、連絡がとれなくなると不安になり疑心暗鬼になるらしい。束縛ということだ。そして、強い感情を彼女に見せる。

女の子によくある
 この依存する状態というのは、女の子によくある状態だと思う。メールにすぐに返事をしなかった時に、かなり怒られるのは良くある話しだ。それを大きな心で包んであげるのが男の包容力というものなのだろう。女の子が感情をあらわにする時は腕力もないので比較的問題がないが、これを男でやられると手を上げてしまう可能性が高いと予測できるだろう。

普通の男
 男は何かを作りたくなったり、くだらない遊びに夢中になったりするものだ。女の子に夢中になったりすることもあるが一定期間を過ぎればたいていは落ち着き、自分のやりたいことに集中しはじめることが多いと思う。逆に偏見かもしれないが女の子は、男のために色々することを望むので依存が強くなると思っている。これが、男で起きたの彼氏なのかもしれない。つまり彼女に求められるのは、男の包容力ということになる。


 昔恋愛の達人のような女の子がいた。その子がある時、「疲れる恋愛はだめよ」と言っていたことを思い出した。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-15 20:00

人が見ている色

 「人が見ている色」

 僕が目で見ている世界は、フルカラーだと思っていた。池谷裕二の「進化しすぎた脳」という本に、実はそれは少し違うと書いてあった。

カラーで見えている範囲は少ない
 人の目はカラーを感じる神経と、光の強さを感じるつまり白黒で色を感じる神経の二つがあるようだ。そして、カラーを感じる神経は目線の中心から左右に5度ぐらいしかないようだ(網膜における視細胞の分布図で、conがカラーでrodが白黒)。その代わりに白黒を感じる神経が周りを囲っている。つまり、人の目は目線の周り左右5度がカラーで残りは白黒でしか見ることができないということになる。

色は脳がつけている
 この理論が正しいとしても、今現在も僕の目には世界はフルカラーに見える。誰が色をつけているのかということになるとやはり、脳が色をつけているらしい。視野左右5度のカラーを識別する神経を使って周りの色を脳が覚えて、白黒で見えている範囲を補完しているらしい。

補完能力
 色をつけるという行為は、ものを認識して、それに対して着色していると考えられる。この補完能力を使えば、もっと空間を認識することができるようになるのではないだろうか。ものを見ずに物を取る人がいるが、その人達はこの補完能力を拡張した人達なのかもしれない。また周りをよく見ない人が多いが、それはこの補完能力が低いためなのかもしれない。


 想像力が人の視野を広くしている。


参考資料:
「進化しすぎた脳」 池谷裕二
網膜の神経活動分布の可視化に成功


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-11 03:26

速聴と音楽

 「速聴と音楽」

 速聴についての本を読んだことがあった。友達がやって効果があったといっていたが、貧乏人の僕にはお金をかけることができない。

速聴
 株式会社 エス・エス・アイさんの 【 速聴によって頭の回転が驚くほど速くなる! 】
 速聴でぐぐったら、トップに出てきた。こんな感じ。
 簡単に説明すると、聞いているだけで頭がよくなるという話だ。2倍速になれるとそのペースで本を読むことができるようになるらしい。また、人の話を聞くのもゆっくりに聞こえるために、ほかのことを考えながら聞くことができるので、質問とかをしやすいという。普段のものを考えるスピードも同様にあがるらしい。

テレビ
 テレビを倍速で聞いていることもある(過去の記事:2倍速でテレビを見る)。倍速でテレビや音声を聞くフリーのツールはちょこちょこあるようだ。興味がある人は、それで効果があがったら本当の速聴のツールを購入するのもいいだろう。でも、フリーのツールで十分のような気もするが、きっと何かが違うのだろう。

音楽
 テレビを倍速で聞いていたら、音楽がかなりの速さで聞こえてきた。歌詞で何を歌っているのか聞き取ることができなかった。ちょっと考えてみると、歌にもよるが普通に話しているよりも早くしゃべっているので聞き取れなかったのかなと思った。つまり、テンポの速い曲の歌詞をよく聴いていると、もしかして速聴の効果があるのかな?と思った。しかも、一緒に歌うともっと効果があがりそう。

リラックス
 音楽はリラックス効果があり、ストレスを解消してくれる。ゆらぎやアルファ波がでたりするんじゃないかな。そのような状態で頭を動かすと効率よく動くのは間違いないだろう。この状態での速聴は効果がもっとあがるのかな?


 音楽は人生を楽しくする。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-07 17:54

問題予防能力

 「問題予防能力」

 問題は起こる前に、予防あるいは回避する能力。世の中を平和に過ごすことができる能力と言えると思う。

問題が起こりそうなことを予期
 何をすれば、問題が発生するのかを理解していると予期することができる。問題を知る方法は、経験をつむことが一番確実な方法だといえるが本を読むことでも知ることができる。歴史を勉強することが、一つの勉強だともいえる。

知識の活用
 知識と経験は違うとよく言われるが、知識を経験につなげることが一つの才能だと思う。知識では知っていても、それが実際の場面で使えるかはかなり難しい問題だ。本という他人の経験を自分のものにすることができれば、自分の経験にして生かすことができるだろう。また、知識として知っていても失敗を経験してから、知識が生かされることもある。知識は、あって損をすることは少ないと思う。

弱くなる
 問題が発生しないので、無難に時間が過ぎていく。チームのリーダーが問題予防能力が高いと、問題がなかなか発生しないので、チームにいる人は成長しない危険性が考えられる。平和になると、緊張感が欠如し始める傾向が出てくるだろう。問題を予防して避けるだけでは、人を率いていくことはできない。

評価されない
 多くの人は、問題解決の能力が高いと評価する。それはそれで必要な能力だとは思うが、より評価されるべきなのは、問題予防能力なのだ。問題が発生しなく、効率的に物事を処理することができるからだ。「あいつはやってることは楽でいいよなぁ」とか「あいつの仕事は簡単だ」とか「運がいいな」と思われてしまうのだ。評価されたいのであれば、実はある程度問題を予期し、それに対して最初から対処できる手段を講じておくと、効率は悪いが評価は高くなるのだ。予防してしまうと、かわいげがないのだ。


 この能力は、同じくこの能力が高い人にしか評価することができい可能性が高い。運は引き寄せるものなのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-05 02:09

布団の干し方

 「布団の干し方」

 久しぶりに天気が良くなったので、布団を干してみた。
 布団を干して、布団を叩くのが結構好きだったりする。なんか叩いてる音が好きだ。

 ちまっと布団の干し方について調べてみた。

布団の正しい干し方:おふとんの人
あるある大辞典 第172回『寝具』 4 page

 最近の流行は、布団は叩いてはいけないようだ。どうやら掃除機で吸うのがいいらしい。HPから叩いて空中に飛散するのは、布団の繊維がほとんどのようだ。叩いても、布団の繊維ばかりが飛散し、ダニとかは飛ばないらしい。そればかりか、ダニとかが布団の表面に浮き出るらしい。だから、掃除機で吸うのがいいらしい。

ちょっとここで疑問:
布団の繊維は壊れたから飛んだ?
 叩いたから布団の繊維が壊れてほこりとなって飛んだのか、それとも布団を使っていたから布団の繊維が壊れて、それを叩いたことでほこりとなって飛んだのか?ダニだろうが布団の繊維だろうが、結局ほこりではないのだろうか?ちょっと叩いてほこりが出ちゃうなら叩いといた方が良いような気がする。

叩かないとダニとかが表面にでない?
 叩くと表面に出てくるというが、逆に叩かないと表面に出てこないということは考えられないのだろうか?掃除機で吸って中にあるダニとかが吸えるのだろうか?表面に出てこなければ問題ないのだろうか?


 あるある大辞典の実験結果では、僕としては判断材料に乏しい。ということで、布団は軽く叩いて、掃除機で吸うことにする。ちと面倒だな。丸洗いが一番楽かも…


 それにしても、「あるある大辞典」の網羅性については驚かされる。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-25 12:36

Excite NewsとTrackback

 「Excite NewsとTrackback」

 気がついたら、Excite NewsがTrackBack対応になっていた。前にCnetがTrackback対応していた話を書いた(前の記事)。まさか、Excite Newsが対応するとは思っていなかった。

記事のリンク
 事件が起こったり気になるニュースがあったりすると、そのことについて意見を書きたくなるものだ。その際に、NewsサイトにあるHPをリンクすることが多い。やはりニュースサイトの記事は信頼性が高いと信じているところがある。

記事のリンク切れ
 発表した後面倒になる記事は、気がついたらなくなっていることが多い。Newsサイトは記事をずっと公開することを考えていないのかもしれない。所詮記事は一時的なものとの位置づけなのだろうか。過去の慣習の元多くの場合一瞬で忘れてしまうのがいいと信じているのだろう。気兼ねなくリンク切れになる。

記事の有効期限
 Trackbackは、かなり公の形でのリンクとなる。記事を書いている人が記事の削除する権利があるとは思うが、多くのTrackbackを集めるNewsサイトが記事を消す場合、少し状況が異なるように思える。Trackbackするのであれば、やはり長期間記事が掲載されているところをTrackbackしたいものだ。


 そこら辺のポリシーをどのようにExciteが考えているのだろうか。

でもかなりうれしい
 有効期限の問題はあるにしろ、NewsをTrackbackできるのはかなりうれしい事だ。導入を決めた人に拍手したい



参考:
Excite エキサイト ヘルプ
 「発信者の許諾無く削除する場合がございます」と一応書かれているが、本当に消すときは、せめてメールで通知ぐらいしてくれると期待したい。消されたことにも気がつかないと、気がつくのが遅くなれば遅くなるほど、頭にくる可能性が高い。
CNetのトラックバック


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-17 23:18



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism