ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

2005年 09月 15日 ( 1 )

派遣社員になってみた

 「派遣社員になってみた」


 前々からやってみたかった派遣社員というものになってみた。たまたま僕はプログラムができるのでプログラマーという立場になることにした。7月末に銀行に入っている、小さなソフト会社に派遣された。

派遣会社と
 有名な派遣会社の主催する説明会に参加した。ほぼ半自動化された説明会に参加し、ほとんど説明が決まったような面接をすませた。翌日コーディネーターという人から電話があり、長電話好きな僕は、ついつい長話をしてしまう。僕の相手をしてくれる派遣会社の人は、コーディネーターと営業の人の二つの役割の人がいる。おおざっぱにいえば、コーディネーターは、僕にあった仕事を進めてくれたり相談に乗ってくれ、営業の人は派遣先別にいて就職後もつきあいがある。

面接
 最初に受けたところは、不利な質問に馬鹿正直に受け答えをして落ちてしまった。営業トークの方法を思い出し、不利な質問には前向きな回答を用意することを心がけた。その後、4日連続で面接を受けさせられ3社に合格をもらう。もう一個落ちたところは、僕の嘘に近い本当のところを見破られてしまい落ちてしまった。年寄りはやはり怖い。受かった3社は若い人が面接官だったからなのかもしれない。

ブランク
 僕は1年ちょっとぐらい「ニート」というものをやっていたので、仕事を始めるのに身体が慣れなく毎日がへとへとだった。しかも勤務先が銀行系なので毎朝が早くて朝がとても怖かったが、とりあえず2ヶ月ぐらい経つがまだ、やばい遅刻はしていない。ニートをしている間Zaurus等のLinux系ばかりいじっていたので頭がLinuxになっており、就職先の.NET環境での開発に慣れるのに時間がかかった。仕事をしない時間が長い過ぎるのは良くないね。

お金
 プログラマは基本的には仕様書通りにプログラムを作る人で、本当はそんなに頭を使う必要のない仕事だと思う。だからあまり給料がよくないのかと思っていたが、意外に多く一日1,2時間の残業で税抜きで月40万ちょっとぐらいはもらえた。プログラマの多くは残業が多いと聞く。そういう人達は、かなりの金額をもらっているということになる。派遣てお金持ち?

更新はドキドキ
 小さなベンチャーっぽい会社を選んだせいか更新は2ヶ月だった。更新するかどうか営業から問い合わせがあり、更新の日前後はかなりドキドキだった。これがサラリーマンとの大きな違いと言うことだろう。僕はブランクのせいか、前からなのかはわからないが(苦笑)かなり足をひっぱってしまったように思う。すぐに慣れるのかもしれない。

働き心地
 10人程度の小さな会社を選んだせいか、そこの社長が外資で仕事をしていたことがあったせいかはわからないが、細かい仕事が山と積まれてしまい一日にこなす仕事の量が多くあり死にそうになる。「こんなのすぐできるでしょ」と、仕事指示する社長さんの仕事の見積もりが甘すぎて大変だった。ちょっと愚痴るとFlashもStoredProcedureもJavaScriptも使ったこと無いのに2時間で作れは無理でしょう。仕事の当たりはずれがあるようで、そこで気軽に辞めれるのが派遣のメリットなのだろう。

会社員の時との違い
 ボーナスがないことが大きな違い。年収になおした時の支給額を考えると前とそんなに変わらないように思うが、前は寮にいたことを考えると出費は大きい。その他お金を借りるときには、派遣はやはり不利でどうしても金利が高くなってしまう。後は退職金がないことぐらいかな。今のところ分かっているのはこんなところ。


 派遣は基本的には社員のように長い目で教育を受けることはなく、それについては自分で考えなくてはいけない。社員のように横のつながりもなく、せかせかと仕事をさせられるのが辛い。暢気な社員がやはり楽なようだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-09-15 01:08 | 派遣生活



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism