ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

2005年 06月 15日 ( 1 )

フォトメモリー

 「フォトメモリー」


 富豪のウォーレン・バフェットはフォトメモリーの持ち主だそうだ。

写真で写すように記憶
 ものを覚える方法は人によって異なっているようで、その一つにフォトメモリーという記憶方法があるらしい。このフォトメモリーという記憶方法は、写真のようにものを記憶してしまうらしい。つまり本とか読んだとすると、読んだページ丸ごと憶えてしまうということ。

何度も思い出せる
 すぐに一度見たものが憶えられたとするとそれを何度も頭の中で繰り返すことも容易になるということ。面白いものは頭の中で何度も楽しめることになる。ということは人よりも飽きがくるのが早いのではないだろうか。そして、完全に思い出せるとすると思い出している間周りから見ると何もないのににやけてたりするのではないだろうか。

忘れられない
 簡単に憶えてしまうということは逆に言えば忘れることができないということになるのではないだろうか。嫌なことや間違ったことをしても人より忘れることができにくい人ということになるのではないか。記憶のために思考が洗練されるのかもしれない。自分の行動が間違っているのか検証する際に正確な記憶は正確な判断をすることができる。

便利
 何はともあれメモを取らなくて良いのは非常に便利だ。カレンダー等月初めに記憶したり、電話番号とかも記憶してしまえば何も持たずにいることができる。頭脳労働をしている人などは特にそれが顕著になるだろう。資料を全て頭に叩き込んでおけばいつでもどこでも仕事ができることになるのだ。もしこれが可能であれば傍目から見ればいつ仕事をしているのかわからないことになる。

心が弱いと辛い
 過去の言動を憶えていられれば次にどんなことを言うか予想することができると思う。後ろ向きの性格の人に強力な記憶力があると、それは自閉症のように外界から拒絶をするようになるのではないだろうか。あるいはもう少し小さなところで、なるべく自分に都合の良いところだけを見るようになりほぼ妄想空間または仮想現実の世界に逃避するのではないだろうか。読書に現実から逃げ道を使っているのかもしれない。


 巨大な才能は使い方によっては成功するかもしれないが、それ自身により自分が潰されてしまうことも多々あるように思う。やはり普通が一番なのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-06-15 20:18 | 人の機能



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism