ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

2005年 06月 13日 ( 1 )

周りを気にする個人主義

 「周りを気にする個人主義」


 何かの本に書いてあった現代の日本を表した文句だと思う。かなり的を得ているように思う。

集団主義から
 ちょっと前までの日本の感じは集団主義のような感じで、個人よりも集団が優先されていた時代のように思う。個人の犠牲を払ってでも国家を優先するとか、企業でもどうようなことを強制されていたし、みんなそれが正しいことだと信じていた。犠牲となる個人の割合が少ない時はこのシステムで多くの人達が助かることになるのだろう。

個人主義に
 現代はリストラが進んだりして集団が個人をかなり蔑ろにし始めたことで、集団を信じることができなくなり個人主義が増えてきたのだと思う。個人主義とは、個人が幸せになることで集団が幸せになると言うことだと思う。個人が幸せにならなくて集団が幸せになることができないという考え方だと思う。

レベルの低い個人主義
 レベルの低い個人主義は自分が良ければそれでいいという人。実際に自分一人が幸せを手に入れたとしてもそれで満足することはないだろう。一人周りに嫌われていて本当の幸せを手に入れたとは考えにくくなってしまうからだ。だからレベルの高い個人主義の人は、自分の家族や友人が幸せでなくては自分も幸せにすることを考える。

一人で金持ちになっても
 お金持ちになることが幸せなのかはさておいて、ある若い成金系のお金持ちが話していたのを聞いたことがある。彼曰く「お金があっても誰も一緒に遊んでくれない」「だから一人でお金持ちになるのではなく、みんなでお金持ちになる」と言っていた。かなり正論だと思う。一人で遊ぶのはとても寂しい。楽しく遊ぶときには仲間が必要なのだ。

周りを気にする
 個人主義になってきたといえども、日本人の元来の性質である周りに合わせるとかの習性は変わっていないと思う。自分の考えがあっての個人主義ではなく、周囲を気にしての個人主義なのだと思う。他人からの評価が全てで、それをいつも気にしすぎているというのが特徴なのだろう。


 この20年で生活環境はかなり変わったと思う。その中で日本人も少しずつ変わりつつある。今後どのように変化していくのだろうか。

以上
[PR]
by ma2mura | 2005-06-13 23:22 | 面白いと思った言葉



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism