ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

2004年 12月 11日 ( 2 )

押しボタン信号

 「押しボタン信号」

 僕が小学校の時の話だ。交通量の多い交差点で押しボタン信号があり、ドキドキしながらボタンを押した。その時に通りすがりのおばちゃんに言われた「ほら、いっぱい車止めてぇ、みんなに迷惑かかるから、ボタン押しちゃだめだよ」と言われてしまった。

 だったら何のための押しボタンだ?


ルールは無視してもいい時がある
 日本人は、ルールは時に無視しても問題がない時があると信じているところがあると思う。押しボタンを押さない方がいいと思うのであれば、使っている人に言うのではなく、警察の交通課ぐらいに撤廃した方が良いと言えば良いのだ。ただの歩道なら、まだ歩行者がいると思えば止まってくれるかもしれない。歩行者が押しボタン信号で渡ろうとしていても、車はあまり止まらないだろう。

ルールは改善していくもの
 お互いに守らなければいけないルールというものは、本来お互いを守るために存在している。自分たちの生活を守るのに必要だからルールを作るのだ。しかし、日本人の多くはルールが絶対だと信じている。ルールが悪いとルールのせいにしているのだ。だったらルールを変えれば済む話なのだ。

要領がいい
 日本人は融通が利かないと言われているように思うが実は、要領がいいのだと思う。決められたルールの中をそこそこ破りながら生活していくのだ。大人の言葉を使えば、拡大解釈というのかな?結果的に、ルールを守るためには、ルールを破ることを苦もなくやってしまう。いかに嘘臭い大義名分でも一応信じるのだ。


 ルールを設定しても結局はなんとなく守っていない。いろいろ受け入れるが、結局何も変わらない。それが日本人なのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-11 13:59 | 考えたこと

国民的健忘症

 「国民的健忘症」

 一昔前に言われた言葉。散々言われたせいか現在の日本は、そのようなことがないように思える。

高度成長期
 問題が発生しても、お互いそれなりにもうかっていたので、少しばかりの不正や問題等はどうでも良かった。それにみんな忙しかった。現在は、リストラとかあんまり仕事がないので暇な人が増えてきている、不正を犯している成功者を妬みはじめているのではないだろうか。

今はそんなことを言っている場合ではない
 早急に対処しなくてはいけない問題にぶちあたり対処する時に、過去の責任追及などは後回しにして、必要な議論を優先させる時に使う言葉。そして、問題解決した時には安堵感と疲労により、責任追及がなされなくなる。問題が発生した原因は忘れ去られてしまう。或いは、「もうそんなことはいいじゃないか、問題はなくなったのだから」の言葉で問題の原因は消えてしまう。

甘やかし
 お互いに都合の悪いことは水に流してしまう。自分が罪を犯してしまった時のため、或いは、自分が犯してしまっているために後ろめたく、他人を責めることができない。人のやった悪いことを忘れるのは自分の罪を忘れてもらうため。このルールは性善説がなりたってしまうためにできる。命に関わる問題や、お金に絡んだ問題が少ないために成り立ってしまう。忘れてしまえば、何も問題が残らないのだ。


 しばらく前の時代は、これでも問題があまりなく生活ができた。現代はそんなに儲かっていない時代。犯罪発生率も増え始め性善説が少しずつ崩れ始めているように思える。それでも忘れることができれば、この国は本当に平和な国と言えるのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-11 13:33 | 考えたこと



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism