ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

2004年 11月 20日 ( 2 )

素直な人はあまり考えない

 「素直な人はあまり考えない」

 素直な人は、あまり物を考えるということをしないのかもしれない。物事を深く考えず素直を受け入れることができるのだから、そうなっても仕方が無いのかもしれない。

流行
 日本人は、流行に敏感と言われている原因は、日本人が素直なことに一つの原因があるのかもしれない。世の中に流行っているからという簡単な理由で、何も考えず自分の中に取り入れることができるところだ。もしも、素直でなければ簡単には流行に流されたりしないだろう。

モラル
 電車で化粧をしている女性が増えたという。それをテレビや本や雑誌なので、批判する人がいるが、それを納得できた形で批判する人を聞いたことがない。モラルの低下等と言われるがそれは抽象的な考え方。具体的に、なぜ電車で化粧をしてはいけないのか説明できる人は少ないと思う。それは、こういったモラルというものを素直に受け止めている人が多いからだと思う。何故そういったモラルが存在しているのか、考えている人がいないからだと思う。


 もう少し、考える必要があるのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-11-20 16:58 | 考えたこと

逃げる人

 「逃げる人」

 多くの嫌なことは、簡単に逃げることができる。学校が嫌だとしたら、学校に行かなければいい。会社が嫌だとすればいかなければいい。自分の嫌なことがあれば、見なければいい。逃げることは簡単なのだ。

ノミの心臓
 人は何故逃げるのか。それは、怖いから逃げるのだ。逃げる人は、現実を見ようとしない。目隠しで世の中を見ずに進むのは、怖いに違いない。それでも、目を開ける勇気がないのだ。目を開けている人から見れば、目を閉じる方が怖くて仕方の無いことなのだが。

記憶を消すのがうまい
 嫌なことと、逃げたことに対する罪悪感それからまた、逃げるために記憶を消す必要があるのだ。だから、よく逃げる人は逃げたことを記憶から消すのがうまい。都合よく忘れてしまうのだ。忘れるために、学習することがない。そして、同じことを繰り返すのだ。

逃げ始めると止まらない
 一度戦うことをやめ逃げ出してしまうと、次に戦い始める事は難しくなる。なぜなら、時間の経過と共に問題が発生するからだ。一つの問題から逃げ出すと、次に時間が経過して発生する問題との二つの問題を同時に処理しなくてはならなくなる。一つの問題でも手一杯なのに、二つの問題を同時に解決することは困難になる。だから二つになった問題から、また逃げ出す必要がでてくる。そして、問題が雪だるま形式で増えていくのだ。


 逃げるために、嘘をつき始める。他の人と自分に。他人への嘘は、いつばれるのか心配になる。自分に嘘をつき始めると、自分で何が辛いのかわからなくなり、それでまた辛くなる。現実逃避できるものが存在している間は、問題ないが。逃避から現実が見えた瞬間辛くなる。一種の麻薬のようにやめられなくなる。

そして年をとって
 どれくらい逃げても、影のように追ってくるものだ。そしていつか報いを受ける時が来る。問題が小さいうちに処理すれば問題ないのだが。大きくなって、襲ってくる。人間として成長することがないため年相応の判断ができないため、問題を大きくしてしまう。まるで、子供のうちにはしかにかかっていない人のように。とても辛い人生で、いつになったら死ねるのかを想像するようになる。


 前を向いてあるこうかな


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-11-20 00:02 | 人について



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism