ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

2004年 11月 16日 ( 2 )

PCの時間調整

 「PCの時間調整」

 僕はPCをテレビ録画用に使っている。だから、PCの時間がずれてくると録画が遅く始まったり、早く始まったりする。そろそろ気になってきたので桜時計でも入れようかと思いはじめた。桜時計はNTPを使ってインターネットを通じて時間を調整してくれる(確かミリ秒単位まで正確になるはず)便利な代物だ。特に桜時計でなくてもNTPを使ってくれれば何の問題もないのだ。

 調べてみると、WindowsXPはインストールした段階ですでにNTPが動いていることがわかった。では、なぜ時間がずれるのかは不明だ…

 とりあえず、インストール時にはNTPサーバのアドレスがtime.windows.comに設定されているので、日本の標準時を提供しているNICT 独立行政法人 情報通信研究機構NTPサーバに変更してみた。

 これでもう少し時間が正確になって欲しいものだ。


参考:
桜時計
NICT 独立行政法人 情報通信研究機構
Experimental NTP Servers (Public Stratum 2)
NTPによる時刻合わせ


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-11-16 22:11 | パソコン

LANDISKで音楽を聴く

 「LANDISKで音楽を聴く」

 部屋には、CDプレーヤーとかコンポはない。しかし、5.1CHのホームシアターセットがある。パソコンとホームシアターセットをつないで音楽を聴いている。ソフトは、前にも書いたがiTunesを使っている。iTunesなので圧縮方式は、MP3ではなくAAC(MP4)にしている。

 音楽を聴くときには、必ずうるさくて電気消費量が多く電磁波出しまくりの、パソコンを起動しなくてはいけない。なんとなく大げさなのだ。それに比べLANDISKは電力消費量は14Wでかなり静音。そして、音楽ファイルを大容量保存することができる。問題点は、インターフェースがないため操作できないのだ。まぁ、音楽をかけて寝ることもできるし、僕にはZaurusがあるのでこの点は問題ない。

音源
 とりあえず、LANDISKは音楽を出す機能がないので、USBオーディオで音を出す。ONKYOのUD-5が中古で3900円で売っていたのでこれで出力する。USBからデジタル出力をすることができる。デジタル出力の利点は、ケーブルが一本で済むこと。コンピュータは、ノイズが多いので音をアナログ化する時に問題があるが、これをオーディオ側で変換することでノイズの低減がはかれる。



方法
 先人がいるようなのでそれを参考にする。下のHPでALSAのUSBオーディオドライバが作成の仕方が書いてある。
LANDISK でジュークボックス その3 ~完結編~
 これをそのまんまやった。
 次にプレーヤー(mplayer)の作り方。
LANDISK でジュークボックス その2
 何故か、僕のは--enable-staticを有効にしたらALSAが有効にならなかった。ドライバの作り方間違えたのかな?

 とりあえず、これで普通に音(AACの音楽データを再生できた)が出たので満足、あとはもう少しGUIをきちっとしたい。それにしてもコンパイル時間が長いのに驚いた。


その他の参考資料:
「LANDISK」HDLシリーズ
LANDISK/USBで遊ぶ - mizore Wiki
玄箱作業メモ~歌う玄箱(実験2:ALSAドライバ編)~
kernel modules using libgcc
MPlayer - The Movie Player
Advanced Linux Sound Architecture - ALSA


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-11-16 11:40 | パソコン



色々考えたことのきろく
by ma2mura
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism