ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

背伸びをする人

 先日前にいた会社の同期が訪ねてきてくれた。彼は、某お坊ちゃま大学に院まで進んだ、なんとなくエリートっぽい人である。同じ会社にいた頃は、よくお昼を一緒に食べていた。とても真面目な青年だと思う。

 彼は、何人かで仕事のやり方等の話をしていると、自分も同じ事があったと話すことがある。しかし、彼の言っている内容はなんとなく、レベルが低いというかちょっとずれている。例えば、新聞に載っていた記事をネットなど調べてそれについて突っ込んだ議論していると、元の新聞の記事について話だしてしまう。ツッコミとしては、「だから、その記事はみんな読んだから」ということになる。それは議論している皆が周知している内容で、今更な話なのである。議論がちょっと遅れてしまうのだ。

 その場がどうなるかというと、議論が一時停止してしまい、議論がしらけてしまうのだ。しかし、面白いのは他の人が同じ事を行ってしまった場合、これというのは議論に途中参加した時等によく発生するが、議論がしらけることがないですむ人も多い。違いは何かというと、謙虚さがあるのかだと思う。彼の話し方は、レベルが低いかずれているのにもかかわらず、少し得意げというか自慢げなのである事が多いのである。そのため、どう対処していいかわからずに、しらけてしまって皆に少し敬遠されてしまうのだ。

 この状態はお互いに辛いのである。敬遠されてしまう方はもちろん辛いかもしれないが、敬遠したいのを我慢する方も辛いのである。後ろ向きに考えれば、やはり敬遠してしまう事が簡単でてっとりばやい手法である。けれども、より多くの意見が知りたいと前向きに考えて、多くの場合議論についてこれない人に対して、良い意見をずっと期待し続けることは苦難なのである。

 彼は悪い人ではないのですが、話していて辛くなることがあります。人と話をするのは難しいです。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-08-23 21:54 | 人について
<< 天然ボケな人 不幸な人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism