ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

今更マトリクスの救世主について

 今更になってなんとなくマトリクスについて話たくなった。僕は、かなりマトリクスが好きである。3作でそろって完結て、賛否両論あるがどれもそれなりに良い出来だと思ってる。あれくらいのスケールの映画はたまにしかでてこないだろう。時間が経ったとしても中々色あせるものじゃないと思う。最初から伝説的な映画だった。

 第一作目で救世主に目覚めるその過程が僕の心に印象付けた。

 ネオはある時、モーフィアスにより救世主であると告げられる。預言者との出会いや、エージェントの戦いにより段々と信じ始める。最後にはトリニティの愛により、確信し救世主として目覚める。

 このストーリー展開は、現実的な側面を持っていると思う。人が一人いて、ある時に突然「お前は世界一になれる」と言われるようなものである。通常人は、自分は普通だと信じているし、少しぐらい足が速かったとしても、自分が世界一に成れると思う人は少ないだろう。ネオと同じように半信半疑になる。当たり前である、それを証明する証拠は何もないのだから。

 「お前は世界一になれる」言った人に権威があれば、ネオのように周りからの妬みや、期待の羨望を受け悩むことになるだろう。ある時は、人々の期待に背き失敗することがあるだろうし、ある時は、妬みのために足を引っ張られることになるだろう。

 でも、最後には自分が救世主だということに気がつく。信じ始めることができる。

 現代人には、この自分を信じ始めるということができなくなってきている気がする。ネオのように極端な例ではなく、自分がちょっとしたことを始めるだけの時でもそうだと思う。自分の能力を過小評価することが美で謙虚であることが良いと信じて、能力を発揮しない人が多いと思う。つまり、自分に能力があることを信じることができず、能力を発揮できない人である。

 僕は、そういった人はこの映画を見て前を向いて欲しいと思う。


以上

 
[PR]
by ma2mura | 2004-08-18 00:48 | 考えたこと
<< 月面に人が行ったことあるのかな? 秀才な人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism