ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

働かざるもの食うべからず

 「働かざるもの食うべからず」


 働かなくても食っていける世界がニートという世界で構築された。ニートでいることは問題なのだろうか。


働かなくても良い人
 それが、戦後の経済成長を支えてきた時代の人達のがむしゃらな努力によって、その人達の子供は裕福になり、働かなくても生活できるようになった。努力した人達の願いは叶ったことになる。裕福になり働かなくても良い環境にいる場合、働かなくても良いのだろうか。

お金の重要性
 働かなくて良い環境に属すると、お金の価値というものを理解することが難しくなる。お金を稼ぐということが、どれくらい難しいことなのか知らないからだ。お金はもらえて当たり前なのだから、より多くの金額を要求することも考えられるだろう。そして、お金がもらえなくなった時のことも考えられないだろう。

サービスの提供への感謝
 お金を持っていても、お金でものを売ってくれる人がいなければ何も変えない事実。これを知らない人は、サービス提供者に対して感謝の心を持たないことになる。この理解がなければ、お金の切れ目が縁の切れ目になることだろう。この国は、傍若無人な振る舞いをされてまで、サービス提供しなければいけないほど、貧乏ではないことが多いだろう。

人との係わり合い
 仕事で一番大変になるのは、人間関係の構築であると思う。仕事が出来たとしても、人間関係が上手く行っていなければ、仕事が回らなくなったり、仕事が長続きしなかったりする。そのため、人のことを考えることを覚え、プライベートな時間でも人に思いやったりすることができるようになるのではないだろうか。

生きる意味
 普通の社会人は人生の多くの時間を仕事に費やす。義務教育や大学が仕事に就くための勉強だと考えるとほとんどが、仕事のために存在している。この時間を仕事以外に使うと考えたときに、自分のしたいことを維持できる人はどれくらいいるだろうか。どんなことをしても、ただの遊びにしかならない。ゲームで言えば無敵モードである。そんなゲームって楽しいのだろうか。虚しくなる可能性大である。


 ずっと遊んでいるというのはとても才能が必要となる。遊んでくれる友達も必要となるが、あまりいないだろう。結論としては、働くことは人生に必要なことだと思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2007-03-03 16:11 | 考えたこと
<< 派遣SEの時給について 働かなくても食っていける社会 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism