ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

いじめについて

 「いじめについて」


 子供社会において「いじめ」が酷いらしい。いじめは、人にとってどのような意味があるのだろうか。


暴力的ないじめ
 昔のいじめの大半は、暴力によるいじめだったと思う。力の強い人に媚びるという方法もあるが、暴力的ないじめでいじめられないようにするには、体を鍛えるという方法で対抗することができた。とても明快でわかりやすい解決方法で、努力すればそれなりに報われる方法である。

精神的ないじめ
 これは本当に意地悪なのだ。そして精神的なものであるため、少し賢い人はすぐに真似することができるのだ。暴力的ないじめは、真似をするには日々の鍛錬等が必要だったからなかなか真似できなかった。このため、誰もが直ぐにいじめっ子になれる時代がやってきてしまったのだ。

大人のいじめ
 大人になればいじめがない等というのは幻想だと思う。今の会社で、社会人のいじめに関するセミナーを受講された。これは、会社内でいじめを行ってはいけないという趣旨のセミナーだった。つまり、いじめは存在するのだ。また、子供のお母さん間でのいじめがあると聞いている。つまり、それを真似ているのが子供なのではないだろうか。

大人になるためのいじめ
 大人のいじめは、子供よりも慈悲深いようには思うが、お金が絡むためにえげつないいじめが起こる。仕事を回してもらえなくなったり、降格させられたりするのだ。それも、大人とは思えないような幼稚な理由でやってしまう。理性的な大人が少ないのだ。そんな社会で生きていくには、子供時代からいじめに慣れる必要があるのかもしれない。

いじめの無い世界
 誰かがいじめをするとすれば、いじめられることを前提として、いじめに対抗できるように成長しなくてはならない。銃と同じだ。しかし、誰もいじめをしない社会を作ることができれば、それは良い世界だと思う。


 大人になったら、誰も助けてはくれなく、自分で戦わなくてはならない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2007-01-07 17:03 | 考えたこと
<< 凧揚げ 人使いの荒い人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism