ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

士気の低い世界

 「士気の低い世界」


 求人の広告等でやる気と活気がある職場とかよく見かけることがあったが、そんなに必要のないものだと思っていた。

8:2の法則
 社員の仕事の割り振りが下手なため、半分程度の請負や派遣の人々の仕事がなく、多くの人が眠りについている。そして、それについて何も言わないあるいは、言えない社員がいる。課長は、それについて「8:2の法則」を持ち出し、それが普通だと言っている。これは、世の中には絶対悪い人がいるから、警察なんぞいらないと言っているようなものだ。マネージャが管理を放棄しているのだ。

歪んだ世界
 人は、自分の行動を正当化する生物である。やる気がなくなり、良い仕事をしなくなったあるいは出来なくなった時、それを正当化するために、簡単な嘘をつく。それは、他の人から見れば悲しい嘘となり、歪んだ真実が垣間見えてしまう。嘘を嘘だと指摘することは、歪んだ世界から現実を見せることになり、多くの抵抗にあう。しかも、そういった人が多かった場合は、集団での抵抗にあってしまう。この歪んだ世界を治すことは、それなりの力がなくてはできないし、やってはいけない。グラックス兄弟のようになってしまう。

仕事をしようとしないがお金は必要
 士気の低いために仕事はしたくないが、でもお金が必要ならしい。さっさとできる仕事を永遠と時間をかけて、締め切りを越えてものんびり仕事をする。そんなことをしなくても、仕事は山積みなのだ。ここから考えられることは、仕事はこなしたくないが長時間働いていたいということなのだろう。短期的には、仕事をしない方が得かもしれない。長期的に考えると、同じ時間働くのであればキャリアアップを考えて、出来る仕事を増やすことが得だと思わないのだろうか。


 士気の低い世界は、普通に仕事をしたい人には住みにくいし、追い出されてしまうようだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2006-09-19 00:49 | 派遣生活
<< 曖昧に仕事を進める 劇場型の世の中 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism