ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

一人で先に行く人

 「一人で先に行く人」


 時々強調することなく先にあるいは勝手に先に進みどこかに行ってしまう人がいる。

見て欲しい
 一人で正しい答えを導き出し、一人でそれを証明できるならば、それは一人で高い評価を得るということだと思う。一人で勝手にどこかに行ってしまうというのは、一人で行くことで周りの人よりも高い評価を得たいという思いが裏に潜んでいるように思う。一人で目立ちたいと考えているということだ。人は皆自分の方を見て欲しい。努力の仕方は、人それぞれな用に思う。

話すよりも
 こういう行動をする人に無口な人が多いと思う。正しい行動を思いついたときに、周りの人にも教えるように思うが、口べたな人にはどんなに正しい行動だと思っても、それを上手く説明することがでなく、しょうがないので実際に自分でやってみせるという習慣がついているのかもしれない。

されたことがない
 自分がいつも先に行ってしまうので、置いてけぼりに自分はされたことがない。だから、残された人の気持ちや勝手にやられてしまう人の気持ちを知らないでいるのではないだろうか。知らないものは理解することができない。あるいは、勝手に行ってしまう人を見て感情的になって、自分が同じことをしているとは考えないのだろう。

行動力
 勝手にやってしまうということで、協調性は低いかもしれないが、一人で物事を進められるというのは行動力があると言える。一人で正しい答えを導き出してしまうが、協調性がないということは、一人でしか正しいことを実行できないと言える。この性格で、仕事をした場合一人だけに負荷がかかって、一人だけ夜中まで残業するしかない状態になることが多いだろう。行きすぎれば、出来ない人のこと馬鹿にしてしまう。


 大勢でやった方が早いことが多い。一人だけ賢いのであれば共有すべきで、その方が後々ものごとを進めやすくなる。賢いのだから、より高度な目標を持って欲しい。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-08-06 23:30 | 人について
<< 死んだばあさん かなりの負けず嫌い >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism