ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

血のつながり

 「血のつながり」


 母方のじいさんの葬式があった。火葬している間、知らないおじさんたちと話していたら、曾祖父が理系であったということがわかった。彼らに言わせれば僕はその血を引いているのだそうだ。

血縁
 あまり詳しくはないが、競馬は血統がかなりその馬の評価につながっているようだ。友人がダビスタとかいうゲームをやっていて言っていた。品種改良のように血を混ぜて、良い馬を使っていくゲームだ。動物は本能に生きているので、遺伝子は非常に重要なファクターになるのではないだろうか。人間ではどうだろうかと考えると、動物と大差ないぐらいに関係するのではないだろうか。

意志
 ある程度の突然変異はあるが馬は血統によって、気性が荒いとか温厚などの性格が決まってくるのだという。環境によって少しは教育することができるかもしれないが、基本的な性格は変えることができないようだ。とすれば、血によって多くの行動がプログラムされていると言えるのではないだろうか。僕が今自分の意志で字を書いてはいるが、これも血によって決められており自分の意志で決めているというのは、錯覚なのかもしれない。

世襲制
 血によってある程度の人格のプログラミングができるのではあれば、世襲制というのもあながち捨てたものではなかったのかもしれない。得意な能力を持っていなくては、成功者になることは難しい。その能力を持った子供であれば、同じ能力を発揮できる可能性が高いと考えることは必然だろう。また、同じ能力や考え方が似ていれば、意思を共有することは難しくない。仲間に加えようと考えるのは自然の流れと言える。

利用
 血によって受け継がれてしまったものは、治すことは困難だ。治すことができないのであれば、上手くつきあっていく、あるいは利用するしかないように思う。長所はある意味短所でもある。その逆もしかりだ。利用できないと言うことはなかなかない。利用方法を知ることが、自分の居場所を見つける行為なのかもしれない。そういう意味では、両親の職業や生活のスタイルは参考になるだろう。


 プログラムされてようがいまいが、どちらであろうとしたいことはしたいし、したくないことはしたくない。それは些末な問題なのだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-08-03 01:31 | 考えたこと
<< かなりの負けず嫌い 人の噂をする人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism