ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

転ばなかった子供

 「転ばなかった子供」


 いつの頃からか転んでも泣かなくなった。いつの頃からか転ぶと痛いというより、恥ずかしいと思うようになった。

痛いから泣く
 転ぶと神経を通り強烈な電流が伝わる。その強烈な電流は、脳に体の痛みとして刺激を行う。痛みに慣れていないと、脳はストレスをためそれを解消するために涙が流れ、大きな声をあげる。それが泣くという行為ではないだろうか。パブロフ犬と同様に、電気刺激で体にコントロールされているのが、動物の性なのかもしれない。

痛みを知らないで育つ子供
 電気刺激により体から痛みによるコントロールがなされなかった子供はどのような大人になるのだろうか。知識としての痛みを知っているのかもしれないが、体験としては知らないということになる。だとすれば、痛みは強烈だという知識があり、その未体験の痛みというものに恐怖するのではないだろうか。それを避けるために、過敏になり異常な程の回避行動をとるように思う。

現代人
 ヒッキーやオタク等のように内向きな傷つかない世界に逃避するのか、自分を傷つける人を攻撃するいわゆるすぐキレる人のようになるのではないだろうか。それは恐怖からの防御か攻撃かということ。痛みをあじわいそれを乗り越えれば、なんの恐怖も存在していないことに気がつくことが出来るはずなのに、それを避けることができるがために、恐怖が恐怖を呼ぶのだろう。

舐めておけば直る
 傷は異物を水で流し、ばい菌が付着しないようにしておくと一番治りが早いらしい。消毒をするとばい菌はもちろん除外するが、傷を治す細胞の活動まで妨害してしまうのだそうだ。消毒などは、余計なお世話で治療の妨げになっているということだ。普通にしていることが、一番だと言うことの一例だと思う。


 今の世の中は情報が氾濫していると言われているが、本当に知らなければいけないことは昔の迷信のように扱われ共有されていないように思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-30 01:10 | 考えたこと
<< 人の噂をする人 依頼心の強い人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism