ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

いたずらに嫌う

 「いたずらに嫌う」


 どこにいても嫌な人はいる。それをいたずらに嫌うのはどうかと思う。嫌いに思っている人は、相手も自分のことを嫌っていることが多い。

嫌いな人
 嫌う理由は、自分の言われては困るようなことを言う人や、自分の言うことを全く聞いてくれない人が多いように思う。言い方を変えれば、自分に害が出てくる可能性が高い人を嫌うように思う。えてしてそういうことを言える人間は、自分とどこかしら同じところを共有しているか、自分と親しい人に共有しているからだと思う。

嫌う行為
 自分の害を与える可能性がある人を、その人の周りから逃げ出したり、攻撃をして自分の周りから遠ざけたりする行為を、嫌うと言うのだと思う。それは弱い自分を守るために必要な行為だとも言えるかもしれない。そのため大人になり力を手に入れれば入れるほど、嫌うという行為を簡単に成すことができる。自分が言われては困ることは、自分の弱いところで自分が認めたくないところではないだろうか。だから、年を取ると弱くなるように思う。

いたずらに嫌う
 仕事でも一緒に生活するにおいても一緒に何かをする上で、ただいたずらに嫌うのは自分を守ること以外の意味がない。足を引っ張り、嫌うとい意味だけしかなく何も生み出すことはしないのだ。とても自分勝手な行為のように思う。何かを成さねばいけないときには、自分を守ることしかできないのでは無理で、強くならなくてはいけない。


 賢人は自分を嫌う人ほど大事にするという。そこまでマゾにならなくても良いと思うが、理性を取り戻して行動して欲しい。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-07-04 22:59 | 考えたこと
<< 優柔不断な人 すぐにキレる人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism