ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

愛すべき人

 「愛すべき人」


 生きていれば良いことも悪いことも起こる。良いことの一つに愛すべき人との出会いがある。

君はいいんだ
 人のあらを探すことは簡単にできる。嫌いになる時は、そのあらを理由に嫌いになる。好きになるのは、そんなあら等どうでもよいと思えるときだと思う。他の人の悪口を言っている時に「私もそういうところがあるんだ」と言われても「君はいいんだ」という返事になる。愛は人の悪いところを覆い尽くすのかもしれない。愛すべき人は特別なのだ。

理由などない
 「なんで私」との疑問があるが、それには確かに理由はあるかもしれないがそれは装飾にすぎないように思う。逆に説明すると理由が存在しているということになると、その理由がなくなれば関係は解消されなくてはいけなくなる。そう理由など必要なく必要であると思えることが重要なのだと思う。あえて理由が必要だというのであれは、「それは君だから」と答えるしかない。

会いたい
 人と人とをつなぐのは会いたいという気持ちに他ならないと思う。現代はインターネットと携帯の普及に伴い話をするのに距離は関係なくなりつつあり、仮想的に人と人とが昔より長い時間つながっていることができるようになった。それでも、その人と直に会って話したくなるのはその人の魅力だと思う。そして、自分の持っている表現全てでその人と話をしたいと思う。


 人であるが故に愛がなくては生きていない。お金があっても、地位も権力もある方が楽しいかもしれないが、愛がなくては生きている気がしないように思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-05-30 13:41 | 人について
<< 努力 言葉の作用 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism