ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

村社会からの脱皮

 「村社会からの脱皮」


 昔から日本人は村社会の住人で基本的には個人よりも社会を重要視していた。現代は、そういった村社会を毛嫌いし個人主義に移り変わっているように思う。

村社会
 欧米文化との比較で多く出てくるのは日本は村社会であるということだと思う。一人より全体を優先することがかっこよかった時代だ。村が一体となって何かをしていた時代は、このような考え方で効率的に動作したのだろう。何より楽しいのはみんなで何かをした時に感じる一体感だと思う。むかしの人はこの一体感により自分の意味を見出し生き甲斐を作っていたのだろう。

村社会からの脱皮
 地域での行動を毛嫌いしているように思う。地域でのイベントに強制され嫌々出て行く。そんな環境では一体感など得られることもなく苦痛に感じるしかない。その人数が多くなれば村社会は解体されてしまう。そして、嫌なことから逃げて残ったものは家族と少ない友人だろう。そんな環境で生き甲斐や生きていく意味を探すことは難しいように思う。

集団に属する
 人は社会性のある動物でこれから逃れることは難しいように思う。昔の人は村という集団に属していたが、現代人は村に属するのをやめ始めている。地域社会が重要であると言うことに気が付いている人もいるが、ほとんどの人がその本当の意味を理解しておらず、それが虚無感につながり寂しさになっていることに気が付いていないように思う。

ブログ
 生きていくことがうまい人は本能的にそれを知っているのか、自然と自分から自分を必要としているコミュニティーを探し出しそれに属している。その事で、自分の生き甲斐や生きている意味を作り出している。ブログはただの情報発信のための技術ではなく、コメントやトラックバック等をすることにより一体感を作り出して、村社会が提供していた機能を補うものなのかもしれない。


 人が地球に生まれて長い間集団生活を営んできた。現代になってそれを急に止めようとしても遺伝子がそれを食い止めてしまう。逃げられなければ、それを利用するしかないのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-05-08 21:07 | 考えたこと
<< 小さな迷惑の蓄積 下を見ればきりがない >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism