ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

ビジョン

 「ビジョン」


 日本人は将来のビジョンを考えるのが苦手なのではないだろうか。

江戸時代の長屋から
 江戸時代にあった長屋は、計画性を持って作られたものではない。人が増えるに従い適当に継ぎ足されたものらしい。交通の便とか考えずにその時に必要な分だけ継ぎ足されたので、できあがってみればむちゃくちゃなものができてしまったようだ。現代でも適当に作られたとしか見えないものが残っている。それは、東京の鉄道だ。むちゃくちゃに適当に作られたのか、利用するのが凄く難しい。

外来のものから
 長屋に対して、京都の町並みは中国に習って計画的に設計された都市であると思う。日本の外にある具体的な都市を見本として作成された。ここから分かることは、都市化する時に具体的に何をしなければいけないのかビジョンを明確にできないからではないだろうか。中国に行ってできあがったものを見て、それをまねることはできたわけだ。

将来のビジョン
 誰でもが考えつくようなありきたりな目標を設定することはできるかもしれないが、明確なビジョンを持つことができるリーダーがいるとは思うがかなり少ないように思う。計画が行き当たりばったりか、抽象的なことしか言えない人がリーダーであることが多いように思う。つまり、リーダーも直前になるまで何をすれば良いか明確できないと言うことだと思う。

批判家
 シニカルで後ろ向きな批判家が多いように思う。リーダーがせっかく少しは明確なビジョンを提示することできたとしてもそれを批判する人が多い。本当に将来のことを考えるのであれば、提示されたビジョンをより具体的にするように切磋琢磨してより良いものを作るように関係者が振る舞うのが正しい姿のように思う。

透明性
 どのように物事を進めていくのかを明確にすることで人々が安心を覚える。現代のように犯罪が増えてきた時代。騙されないためにも、様々なことに随時監視する必要があるように思う。具体的なビジョンを聞くことが不安を取り除くために有効な事だと思う。それが透明性につながる。


 それでも高度成長できた日本人てとても凄いと思う。ポテンシャル能力は凄い。最近企業のトップにビジョンを明確にできる外人を用いるところを増えているが、実はこれってかなり良い手なのかもしれない。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-04-27 18:18 | 考えたこと
<< 下を見ればきりがない 問題が起きてから対処 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism