ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

自立心

 「自立心」


 小学生だった頃から自立心を育てる教育を受けていた。しかし、僕には何故自立しなければいけないのかが理解できなかった。

必要なのか
 転んだら自分一人だけで立たなくてはいけない理由が分からなかった。一方では困っている人を見たら助けるように教わっているのに、自分の時は一人で立たなくてはいけないらしいのだ。なんとなく正しいことは分かっていたが、昔からこの疑問を答えを出すことができなかった。

助け合い
 自分の余裕がある時は困っている人を助けてあげていれば、自分が困っていると助けてもらえる。これが相互扶助の関係であると思う。相互扶助の関係は、人と人とがつながりを持つチャンス。これを利用して仲良くなることもしばしばあるだろう。

自立心
 人に頼らず一人で何でもすることができるように考えることを言っているのだと思っていた。これは間違いであるように思う。全てのことを一人でできるということは孤独を意味し、それはとても寂しいことのように思う。ある程度の他人への依存は人が生きていく上で必要なことのようだ。

助けられない
 適度に自立して余裕がなくては人を助けることができないのだ。自分で立つこともできない人が、人を助けようとしてもそれは迷惑でしかないように思う。自立してなく人を助けられない人は、助けてもらうことしかできない。それは度が過ぎれば迷惑でしかなくなる。


 自立心がないひとは人に迷惑をかけてしまう。自立というのは余裕を持っていて人を助けることができるということなのだろう。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-04-21 21:27 | 考えたこと
<< いじめは悪か 宣戦布告をするかしないか >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism