ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

努力のたりない人の邪魔者

 「努力のあまりしない人の邪魔者」


 何かをやりたいことあるが努力をあまりしない人の周りには、かなりいやな邪魔者が存在することが多いように思う。

邪魔者
 努力をしない人が努力をしない理由をでっち上げるために作り上げた人のように感じる。自分がやりたいことをするのに、多少なりともの邪魔をしている人物を悪役としてでっちあげることが多いように思う。周りの人間にや自分自身に、努力をしない納得できそうな理由を作るために邪魔者は作られるように思う。

具体的な邪魔者
 でっちあげているだろうが、多少なりとも邪魔をしていることもあるように思う。邪魔をする理由は、善意からや邪魔をすることで自分に利害が及ぶ人だと思う。善意の邪魔者でいえば子供と親の関係や生徒と先生の関係。自分に利害が及ぶ邪魔者でいえば、会社の上司と部下の関係に当たると思う。好きで邪魔する人は少ない、たいていの人は嫌われたくないからだ。それなのにあえて邪魔をするには相当な理由があるように思う。

邪魔者の正体
 努力をしない人が何故邪魔者だと感じるのかというと、邪魔者が本当は正しいことを言っているあるいは強制しようとするからだと思う。正しいからこそ否定できないのでゆがんだ形として邪魔者を作り出すのではないだろうか。本当は、努力していない自分が悪いということを認めたくないがために作り出す幻想なのではないだろうか。

邪魔者の抹殺
 どのような形だろうが邪魔者を抹殺しても、邪魔者はまた現れてしまうのだ。一人自分の周りから抹殺しても邪魔者は消えず、よくある推理小説の連続殺人事件のように次々と殺していかなければならなくなる。邪魔者が存在している理由が自分の中にあることに気がつくまで、次々に代わりの邪魔者が現れる。そう、努力をするまでついて回るのだ。


 自分中心に考えるのではなく、邪魔する人が邪魔をする理由を理解して欲しいように思う。逆ギレで殺すのだけは勘弁してやって欲しい。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-03-05 16:51 | 考えたこと
<< SL-1000 FEATHER2005 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism