ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

しなければいけないことをできない人

 「しなければいけないことをできない人」

 仕事をしていても、プライベートで付き合っている人でも、傍から見ればしなければいけないことをしない人たちがいる。なぜにしないのか、何もしていないようで何かをしているのだろうか。僕は長い間わからなかった。

「しなければいけないこと」は本当はあまりない
 「しなければいけないこと」は、本当は存在しない。極端な話、何もしなくてもホームレスのような生活を苦に思わないのであれば可能で、生きていくことができる。自分がしたいこと等がなければ、「しなければいけないこと」はあまりないのだ。

助けてくれる
 見ていられず助けてくれることもある。仕事であれば、そういう可能性が高いだろうし、家族のことであっても、同じに誰かが助けてくれる。過保護であれば、「しなければいけないこと」は極端に減ることになる。特に、弱い人には優しくしなくてはいけない世の中のようなので、強くなりたいと望まない弱い人はより弱くなってしまうだろう。うまく優しくしなければいけないので、かなり難しい。

正当化
 最初は、少しばかりの罪悪感からだろう。「しなければいけないこと」をどうやって実現するかを考えているフリをして、やらない理由を考え始めるのだ。周りに攻められそうな人がいればいるほど、その考察時間は長くなるだろう。「しなければいけないこと」を拡大解釈し、問題を置き換え、簡単には論破できない言い訳を長い時間をかけ構築する。

自分をもだます
 まずは、周りから言われることに対する正当化を行い、周りへの言い訳を作成する。次は、自分の罪悪感をだます必要があるのだ。自分をだましていかないと、重いストレスで耐え切れなくなるのだ。それを回避するために必死になるのだ。時間を与えても、言い訳しか考えることをしない。


 自分の正当化してしまうと、自分は何もしていないのにも関わらず、自分は良くやっていると思い始めるのだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2005-01-02 12:58 | 人について
<< 曖昧な考え方 2倍速でテレビを見る >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism