ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

Ghost Recon

 「Ghost Recon」

 3ヶ月前ぐらいに購入してやっていた。難しくて途中にしていたのだがようやく、このゲームを終えることができた。購入理由は、トムクランシーが監修だったともうが、関連しているから買った。

 Ghost Reconのオフィシャルページ
 Ghost Recon ::::: ゴーストリコン :::::


ゲームの概要
 3人一組のチームのアルファチームとブラボーチームの2つのチームでプレーする。チームの誰でもになり代わり操作することができる。操作している兵士でないチームに簡単な支持をすることができる。

本物の戦争のよう
 僕は戦争に参加したことがないし、戦争に参加した友達もいないので本当のところはわからないが、感じたのは本当の戦争のようなゲームだなぁと思った。

どこから攻撃を受けるかわからない
 通信の傍受や、足音等からたまに近くに敵がいることはわかるが、障害物の多い木の中とかに迷彩服を着ていると、ほとんど気がつかない。理論ではわかっていたが、このゲームはそういうのをリアルに表現している。見つけるのに慣れればなんとなく見つけることができるようになる。走って移動したりすれば、迷彩服の兵士を見つけるのはかなりの困難だ。

1チーム3人、2チーム制
 1チームに3人なのは、一人が先頭、一人が補佐、一人が後ろって感じだと思った。1チーム二人だと、一人が死んじゃったら結構つらいと思うし、そういうのもある気がする。2チーム制は、制圧する時に後ろに回られて攻撃されるのを防ぐことがでる。うまくやれば、後ろに回ろうとする敵を待ち伏せすることができる。 

逆光
 逆光だと、兵士はほとんど見ることができなくなっている。照準でズームしてみてようやく見えるようになるとかがある。狙撃とかの場所が限定されてしまうというのはこういうことを意味するのだなぁと思った。

ゲリラは強い
 森の中や、町の中にいる時の戦車は、歩兵にかなり弱い。隠れて対戦車砲を撃たれてしまえば、あっという間に戦車は大破してしまう。


 彼の小説の通り、細かな設定に凝っていて面白かった。ゲームが終わって安心していたが、Ghost Recon2が出ることがわかった。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-31 16:38 | 欲しいもの
<< 2倍速でテレビを見る じっくり物事を進める能力 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism