ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

見抜く力

 「見抜く力」

 物事の本質を見抜く力、物事の長所や短所を見抜く力があげられる。塩野七生の「ローマ人の物語」に出てくるカエサルを見ていると強く感じた。

物事の本質を見抜く力
 人、物や事象なんでも関係なくカエサルには、それらの本質を見抜いてしまう能力があったのだと思う。共和制、元老院、敵大将の問題点等をあっさりと見抜いてしまっている。そして恐るべきは、その問題点に対してどのようにすればよいかすら見抜いてしまうのだ。そして、一番見抜く事が難しい自分についても見抜いているふしがみられる。

見抜けてしまう
 本質を見抜けてしまうことは、使い方やこの能力を中途半端に持っていると危険な能力だ。最近良くTVで見かける毒舌家がそうだ。彼らは、テレビという媒体を使っていて笑いにしているからあまり問題ないと思うが、笑いにしないでいる人は批判家になってしまう。見抜く能力が中途半端にすぐれていれば、痛いところをつかれた人が権力を持っていれば抹殺されるのは免れないだろう。

笑いセンスが必要
 カエサルもテレビに出ている毒舌家同様、笑いにしていたようだ。欠点や問題点に気がついてしまうとどうしても人に話したくなってしまうからだろう。カエサルレベルの批判は、恐ろしく痛いところをついてしまってとても危険な証拠だと思う。見抜く力がある人間は、笑いのセンスがないと抹殺される可能性が高いの。レトリックを色々使った技使って笑いにし、ストレス発散していたんだろう。

創造力と密接に関係する
 カエサルは、後世に残るアイデアを数多く残した人物だ。その種類は、多岐にわたる。国家安全保障に関することから、橋の架け方までだ。これは、物事を見抜く力なくしてはありえない。現状を正確に理解し、初めて実現可能なアイデアが浮かぶのだ。また、見抜く力は創造する(改善とかも込み)ためにあると言っても過言ではないだろう。


 見抜く力は、創造力と笑いのセンスがなければ危険な能力に変わってしまう。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-27 16:05 | 人の機能
<< じっくり物事を進める能力 面倒は怠け者にやらせろ、一番簡... >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism