ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

Excite NewsとTrackback

 「Excite NewsとTrackback」

 気がついたら、Excite NewsがTrackBack対応になっていた。前にCnetがTrackback対応していた話を書いた(前の記事)。まさか、Excite Newsが対応するとは思っていなかった。

記事のリンク
 事件が起こったり気になるニュースがあったりすると、そのことについて意見を書きたくなるものだ。その際に、NewsサイトにあるHPをリンクすることが多い。やはりニュースサイトの記事は信頼性が高いと信じているところがある。

記事のリンク切れ
 発表した後面倒になる記事は、気がついたらなくなっていることが多い。Newsサイトは記事をずっと公開することを考えていないのかもしれない。所詮記事は一時的なものとの位置づけなのだろうか。過去の慣習の元多くの場合一瞬で忘れてしまうのがいいと信じているのだろう。気兼ねなくリンク切れになる。

記事の有効期限
 Trackbackは、かなり公の形でのリンクとなる。記事を書いている人が記事の削除する権利があるとは思うが、多くのTrackbackを集めるNewsサイトが記事を消す場合、少し状況が異なるように思える。Trackbackするのであれば、やはり長期間記事が掲載されているところをTrackbackしたいものだ。


 そこら辺のポリシーをどのようにExciteが考えているのだろうか。

でもかなりうれしい
 有効期限の問題はあるにしろ、NewsをTrackbackできるのはかなりうれしい事だ。導入を決めた人に拍手したい



参考:
Excite エキサイト ヘルプ
 「発信者の許諾無く削除する場合がございます」と一応書かれているが、本当に消すときは、せめてメールで通知ぐらいしてくれると期待したい。消されたことにも気がつかないと、気がつくのが遅くなれば遅くなるほど、頭にくる可能性が高い。
CNetのトラックバック


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-17 23:18
<< iRiverのN10 最初の成功をした人 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism