ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

沈黙は金、雄弁は銀

 「沈黙は金、雄弁は銀」

 西洋の諺のようだ。意味は「沈黙の方が、雄弁よりもまさっていることのたとえ。」(Excite辞書)らしい。

西洋では当時銀の方が高かったみたいだ
 昔の西洋では銀の方が価値が高かったみたいだ。金は、柔らかくて食器とかに使えないので実用性が低いが、銀は硬くて食器とかに使えたみたい。だから、当初の「沈黙は金、雄弁は銀」の意味は、沈黙はお飾りで雄弁は実用性が高いというように受け取れる。黙って何も言わないより、何かしゃべってくれた方が価値があるのだろう。

今は金の方が高い
 今の時代は金の方が高い。理由は色々あるかもしれないが金の方が高い。もしかして、この諺の意味も時代に従って変わったのだろうか。特に日本では、実用性よりもお飾りの方が価値があるのかもしれない。光ってて綺麗だし、目立つし実用性はそこそこあれば二の次なのかもしれない。日本じゃあんまり銀なんて使わないのかな。



参考資料:
NAVER - 知識plus [銀のスプーンをくわえて]


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-12-15 14:48 | 面白いと思った言葉
<< 夕刊フジBlog 写真共有サイト『Flickr』 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism