ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

話のマルチトラック

 「話を聞かない男、地図が読めない女」に「女はマルチトラック」という話が出ている。この場合のマルチトラックとは、話をしながら別のことができたり、隣の人の会話に割り込むことができたり、複数の話を同時に話すことができること指す。女はこれを容易でき、男はできないという話。

 僕は、このマルチトラックを女にしかできないとは言えないと思う。これを行うための手法として推測できるのは、女の感でも書いたが、女は常に周囲の状況を把握しているということがまず前提条件にあると思う。つまり、話す内容について会話の断片から、その人の話たい内容を予測して会話の内容を把握する方法をとっているのではないかと思う。人が相手の言葉を聞き取る方法も、実は予測によるものがほとんどで、予測なしでは言葉の解析を脳でやることは処理が重過ぎるらしいと聞いたことがある。それの拡張であると僕は推測する。

 マルチトラックの話を聞いて思いつくのは、聖徳太子の逸話の「十人の罪人の言葉を聞き分けた」という話だ。懸命で公正な人であれば、罪人の罪状について事前に調査することは基本であると思う。後は、確認のために罪人本人から話を聞くということになる。つまり、話す相手の環境について事前に知っているし、場数をこなせば罪人の言うことはたいてい決まっているのだ。本当に確認だけであるのであれば、相手の言うことが自分の知っている内容と異なっているのかチェックするだけで良い。十人はかなり頭の良い人でしかできないかもしれないが、4人程度であれば訓練することにより実施可能だと思う。


 さておき、女はちっちゃな聖徳太子?ってことになる。手ごわい相手だ…


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-17 09:05 | 人の機能
<< 情報表示ツール(Samurize) 女の感 >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism