ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

悪口を言う人

 大学時代の先輩に教授の悪口を言いまくる人がいました。かなり頭の良い先輩でピンポイントに教授の悪口をわかりやすく、感情的に説明してくれました。余程、教授に対してストレスをためていたのでしょう。

悪口は、言う人のこと
 悪口を言う人は、自分の悪いところを相手の悪口として話ていることが多い。彼も例外ではなく、結局は自分のことを話していたようだ。類人嫌悪と言うものだろう。全部が全部そうではないかもしれないが、多くはあたっていると思う。

 多分、相手の悪いところを理解しないと悪口は言えないからだと思う。理解できることの多くは自分も同じで共感できるということ。つまり自分と同じところを理解しやすいのだ。

 悪口を言う人は、自分の嫌なところを相手に説明していることが多い。恥ずかしくないのだろうか。言うのであれば、自分と同じかもしれないと考えた上で話すべきだ。


感染する
 自分にないことで、相手の悪口を言った場合、それは自分に感染する可能性が高いと思う。人の悪い癖は感染するのだ。なぜなら、悪い癖は目立つため印象に残りやすい、それが潜在意識に残るのだろう。いつの間にか真似しているのだ。そして、悪口を言う人は多くの場合、人に共感してもらうために、きちんと正確に分析してしまうので余計に感染するのだ。

 本当に人の嫌な癖等を見たときは、さっさと忘れる必要があるし、二度と見ないようにする必要がある。そうしないと段々と似てくるのだ。だから、結局は「悪口は、言う人のこと」になってしまうのだ。


 「人の悪口は言わないほうがいい」というのは、この辺からもきているのかもしれない。結局、大学の先輩は悪口を言いまくって自分の欠点を僕に教えてくれた。なので対策は練りやすかった。「それじゃ教授と同じじゃないですか」が彼に対する口癖になってしまったのだ。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-10-08 21:47 | 人について
<< BitTorrentについて 十聞くことができる >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism