ぶきっちょなんでも分解屋さん

スキー&スノーボード2004-2005

平和ボケ

 平和ボケってそんなによくないことなのだろうか。僕は、この言葉は平和に対しての褒め言葉なのではないだろうかと思う。悪い風に言えば「ボケ」かもしれないが、平和になるということは、ある意味ボケになることなのだろうと思う。



平和になるということ
 平和になるというのは、ボケる事だと思う。「武器なんていらないよ」なんて平気で言えてしまう、またはそう信じて疑うことがないということは、平和主義が完全になっていることだと思う。

システムがずさんなこと
 国防の問題等が平和ボケによって発生していると言われている。しかし、平和ボケなのと国防システムがずさんなこととは、あまり関係がないと思う。それは、単にシステムの構築者がずさんなだけなのだ。それを平和ボケと言われても困るのである。それは単に、システムの構築者がボケなだけなのだ。平和ボケとは違う。

困った国民
 日本の国民が、海外の危険な国に行った時に、平和な日本と同じように振る舞い危険な行動をとってしまうということがあった。これも、日本が平和だから起こることで、平和でなければ起きないことだ。平和という意味から考えるととても自慢できることだと思う。

 平和ボケって言われてむしろ喜んで良いくらいだと思う。それくらい日本は平和なのだ。ある意味、今までの国で出来なかったことをなしたのだ。誇りに思っても良いと思う。


以上
[PR]
by ma2mura | 2004-09-18 08:58 | 考えたこと
<< ヘッドライン主義 自殺率について(2004年) >>



色々考えたことのきろく
by ma2mura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳

IKEAのリンク

このページのQRコード


QRCode作成


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism